カテゴリー「生け花」の49件の記事

2019年7月29日 (月)

文月の生花 2019.7.17

本日はどんな花材かな?
時期的に紫陽花は有るだろうな、
向日葵かな?
などと思いつつ会場へ。

花材
アツバキミガヨラン
アガパンサス
向日葵
オンシジウム
アジサイの葉

 

B108072e2c7c4a5583d82e03a66abedd

 

続きを読む "文月の生花 2019.7.17"

| | コメント (0)

2018年12月 3日 (月)

霜月の生花

霜月の生花

 晩秋の
  恵那の里山
     豪華なり

 幾千の金
  幾万の紅

20181203_234851

続きを読む "霜月の生花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月18日 (木)

神無月の生花 2018/10/17

花材
更紗満天星(サラサドウダン)
竜胆(リンドウ)
オンシジューム
モンステラ

八百万の神様  皆様が出雲国(いずものくに)の出雲大社へお出かけです。
出雲国だけは神在月(かみありづき)

出雲大社は神代には高さが50m以上もある世界一の木造建築で、現在その礎石が発見され実証されていますが、そこまで大きくないと八百万の神様は大社に入れないでしょうね。

出雲の わりご蕎麦を食べ、出雲杜氏の醸す日本最初の美味しいお酒を飲み、勾玉を作ったという玉造温泉で温泉にゆったりと入られているのでしょうか。

神無月で、神様は不在ですが、
更紗満天星で躍動感とオンシジュームで明るい動きを表しました。

10b7d2c98a9949b8ababe2b2e9912c13

 

続きを読む "神無月の生花 2018/10/17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年9月20日 (木)

長月の活花 2018.9.19

今回出された花材
石化柳
鶏頭
孔雀草
桔梗蘭

Beb990c4d6a24045822cd1c417f6d5fe

上部を石化柳の爬虫類系グロテスクと鶏頭のエスニック感によるエキゾチックなイメージに、下部の桔梗欄で少しだけ和を感じさせながら、草葉の陰で虫の鳴く秋の雑然とした野の雰囲気に仕上げ、花器を黒い和で納めました。

続きを読む "長月の活花 2018.9.19"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

葉月の生花と 白兎神社

与えられた花材
ガマ
オンシジュウム
トルコキキョウ
オオニソガラム(大花)

まだ暑い葉月、
ガマの穂は存在感がありすぎるのでまとめてスッキリ高く
全体を縦にまとめ、
ガマの葉が風に揺れる感じに仕立てました。

20180825_152940


  花器は拙作の lotus 蓮華です

続きを読む "葉月の生花と 白兎神社"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月29日 (日)

文月の生花

文月の由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたりするところからも来ているが、
手紙が恋する涙で濡れるのは風情があっていいものだが、
今年のあまりの暑さでは文を書いても汗で滲みそうだ。

さて、今日与えられた花材 四種

ニューサイラン
ヒマワリ
ハイブリッドスターチス
アカドラセナ

 

20180729_122105

続きを読む "文月の生花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月 3日 (日)

今週の生花

恵那の今を感じていただく料理「恵那の野山の蕎麦懐石」を、ただ一組四名の大切なお客様のために作っていますが、
飾る花も毎回この一組のお客様に「今の恵那」を感じていただきたくて、野山へ出かけて自然の中から少しだけいただいて活けています。

 
20180603_12744

続きを読む "今週の生花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月25日 (日)

如月の生花 2018/02/21

春の息吹

 
20180225_05628

今回の花材

コブシ

桔梗ラン

チューリップ

菜の花

待ちに待った春を感じさせるように勢いのある表現に致しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

初冬の装いの生花

恵那市文化センターの華展で陳列してきましたが、

 
恵那の里山は
初冬の装い

もみじ
ススキ
ヒメジョオン
などを

ほんの少しだけ頂いて
我が家も初冬の装いへ
 

続きを読む "初冬の装いの生花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵那市文化祭 華道展 11月11〜12日

11月11〜12日恵那市文化祭
華道展に出品
前日に文化センターで活け込みをしました。

花材は当日 先生が用意されるということで、どんな花を活けるのか未だわかりません。

花器は自作の中から
晩秋の緑と枯れた紅のイメージのものとして
両翼花器を用意しました。

 

Img_2787

続きを読む "恵那市文化祭 華道展 11月11〜12日"

| | コメント (0) | トラックバック (0)