カテゴリー「文化・芸術」の63件の記事

2018年1月31日 (水)

南山大学人類学博物館ツアー 2018.1.20

一万年前の縄文土器を触ったことありますか
6000年前の石器を持ったことありますか。
これができる世界でも稀な感動の博物館でした。


Img_5913
 
20180131_123337

続きを読む "南山大学人類学博物館ツアー 2018.1.20"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

名古屋 料亭 河文  `18/1/10

 高級料亭に行くと建物も造作も良いものを使っていて、楽しくじっくり見てしまいます。

そして案内される各部屋毎に造作も床の間も違い、当然調度品も異なり、更に季節ごとに軸や花なども変わり、 全ての部屋を拝見したいといつも思いますが、客がいるので全ての部屋を拝見する機会などありません。

 

それが、今回は登録有形文化財の指定も受けている建物の各部屋を周り、料理から器まで見て、説明 していただけるという企画があり、参加してきました。

 

Img_5671

続きを読む "名古屋 料亭 河文  `18/1/10"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

日登美美術館

2017年晩秋、

リーチに会いたくて滋賀県の東近江まで出向きました。

Img_3707

続きを読む "日登美美術館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

アルフォンス・ミュシャ展

この年末26日、展覧会へ行こうと思ったが、いい展覧会は ほぼ24日で終了していて、良さそうなのはミュシャ位しかなかった。

松坂屋カードを見せると半額500円だった これにはビックリ。持ってきていて良かった。

Img_5056

続きを読む "アルフォンス・ミュシャ展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

柳宗悦展・ジャコメッティ展

柳宗悦・ジャコメッティ
全く違う世界を追求した偉大な芸術家二人の展覧会

Img_4435  

Img_4441

連綿と続く汎用的な庶民の生活の中に美を発見した柳宗悦の本質主義的見地

自分の精神の深奥を表現したジャコメッティの実存主義的見地

 

この全く違う表現方法の展覧会が奇しくも同じ豊田市で開催されています。

 偶然の同時期ですが、こういう対比で展覧会を見る人などまずいません。ですが、この好機を捉えて対比で見ていただけたらと思います。

続きを読む "柳宗悦展・ジャコメッティ展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月12日 (火)

ラ コリーナ

「ラ コリーナ近江八幡は、自然を愛し、自然に学び、人々が集う繋がりの場。

八幡山から連なる丘に、緑深い森を夢みて自ら木を植え、ホタル舞う小川を作り、生き物たちが元気に生きづく田畑を耕しています。

このような環境の中に、和・洋菓子のメインショップをはじめ、たねや農藝、本社、飲食店、マルシェ、専門ショップ、パンショップなど、ゆったりとした自然の流れに寄り添いながら、長い年月をかけて手がける壮大な構想。」

このラ コリーナの建物や配置などの多くを手がけた建築家 藤森照信の作品が見たくて、ラ コリーナツアーに行ってきました。

Img_3381

続きを読む "ラ コリーナ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 5日 (火)

京都国立博物館 41年ぶりの国宝展

燃えるような木の葉と芸術の秋
京都国立博物館 41年ぶりの国宝展

 
Img_3150

41年ぶりの国宝展も数日で終了の為、いつもでしたら泊まりでいく京も、今回は時間が取れなくて日帰りで行ってきました。
 
まず東福寺さんで燃えるような紅葉を堪能。ここはとくに紅葉の有名なお寺さん、多すぎる観光客ですが、燃えるような紅葉を楽しませていただきました。
 
Img_2969

続きを読む "京都国立博物館 41年ぶりの国宝展"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 4日 (月)

レオナルド×ミケランジェロ 展 2017/11/19

織田信長公岐阜入城 岐阜命名450年記念特別協賛事業
特別展 という凄い前置きの付いた展覧会です。

 
20171204_150856

続きを読む "レオナルド×ミケランジェロ 展 2017/11/19"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ペルシャの食文化に親しむ会」2017/11/18

『加藤卓男氏が1960年代にはじめてイランを訪れて以来、何度となく現地に通いつめ発掘調査を重ね、イランでは幻となっていた陶器の絵付け技法「ラスター彩」の技術を復活させました。
そんな卓男氏が作りあげた「古陶磁資料館」が今回の会場です。
移築した古民家の中に氏自らが集めたペルシア古陶磁が並ぶ美しい場所で、氏の魅せられたイランという国に一緒に思いを馳せてみませんか。』
こういうお誘いの文がFBにアップされました。

知らない世界を又垣間見ることが出来る楽しそうな企画が多治見市の幸兵衛窯でアトリエヒラヤさんの努力で実現しました。

人間国宝の幸兵衛窯の古陶磁資料館内で

Img_2917

続きを読む "「ペルシャの食文化に親しむ会」2017/11/18"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月12日 (木)

72回新匠工芸会展 吉田公之介の快挙

とても嬉しいことがありました。

織りを生業りしている吉田家にとっても素晴らしい出来事です。

実家は鳥取県倉吉市の手染め手織り「吉田たすく工房」ですが、私の弟 吉田公之介が日本一の賞を昨日頂きました。

72回新匠工芸会展で富本賞です。

染織を志している人たちの頂点とも言えるのが新匠工芸会の富本賞と稲垣賞ですが、

その富本賞人間国宝の富本憲吉の名を冠した賞です。

 

2017107日発表の72回新匠工芸会展で富本賞に輝いた吉田公之介の受賞作

a streak of lightseries

 織物のタペストリーで後ろ2枚が無地。その前にストライプのグラデーションの布地1枚を少し浮かせて展示してます。


20171012_102149
 

続きを読む "72回新匠工芸会展 吉田公之介の快挙"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧