カテゴリー「文化・芸術」の91件の記事

2019年11月 5日 (火)

三夕(さんせき) の和歌

恵那峡にて

  三夕(さんせき) の和歌

20191105-134430

 

続きを読む "三夕(さんせき) の和歌"

| | コメント (0)

寛次郎は寛次郎だな!


寛次郎は寛次郎だな!

20191105-133746
いつみても 寛次郎だ
変な陶工だ
なぜ好きか わからぬけれど ほっとする和み、
子供の時から好きだ

続きを読む "寛次郎は寛次郎だな!"

| | コメント (0)

2019年10月 4日 (金)

二つの黒茶碗

先日アップしました二つの黒茶碗、
片方は名古屋骨董祭で購入した楽家十二代 楽吉左衛門弘入(こうにゅう)の黒 楽茶碗と黒平茶碗ですが、
釉薬も土も全く違うものですが、
同じ黒でも右は光沢があり、左はマット仕上げ。
形は右は形が左右整っていますが 左はやや変化があり少し捻った形。

20190917-225220_20191004001601

 

20190917-225232_20191004001501

どちらが好みかな? どっちもいいな。

続きを読む "二つの黒茶碗"

| | コメント (0)

2019年9月17日 (火)

名古屋骨董祭 2019/9 −②

特に何も欲しいものはないのですが、骨董祭などは勉強になるので行ってきました。
最近は陶器は買わない。欲しいものは自分で作れば良いと思い、数年間何も購入していません。今日もこの思いでただ参考のために見て周りました。
お金があるわけじゃないのでとても高価なものは当然無理ですが、器などを選ぶ場合、銘があろうがなかろうが、有名だろうが無名だろうが素人だろうが何も気にしません。例えば人間国宝のものでも嫌いなものはいらない。
例えば抹茶茶碗を選ぶ場合、これで飲むお抹茶は美味しそうかどうか、又は楽しさや何かが感じられるかで選びます。

安物でも気に入ればそれが僕にとって本物。自分が見て気に入ったものが宝物。

さて 骨董市会場。

ふと目についた茶碗。 これ結構いいな!
お抹茶が美味しそうだね!、これで飲みたいな!

続きを読む "名古屋骨董祭 2019/9 −②"

| | コメント (0)

名古屋骨董祭 2019/9/6〜8 −①

20190917-224511

 

今回は特に欲しいものはないが、まあ見るだけと のんびりと会場をゆっくりと見て回りました。

 

続きを読む "名古屋骨董祭 2019/9/6〜8 −①"

| | コメント (0)

2019年8月31日 (土)

愛知トリエンナーレ2019

7f5b8a01adb94c759d16e27826edd81f

 

愛知県で3年に1度開催される国内最大級の現代アートの祭典で、会場は 愛知県美術館 愛知芸術文化センター 名古屋市美術館 豊田市美術館等多岐に渡ります。
今回は作品に対して様々な横槍が入り、表現の不自由が更に不自由ということで、出品中止や辞退が多数出ています。それらの作品はもしかしたら私に相容れないものだったかもしれません。しかしそうであっても表現の自由は守られるべきで、反論はしても隠さない方がより正しく客観的になると思います。
自分に相容れないものを抹殺するのではなく、とことん話し合うべきですね。
何か戦前の言論統制の様なイメージも受けますし、言論統制後の日本の動きを思うととても危惧感が溢れます。

私はどんな作品であれ、暴力や危険な実力行使さえなければ表現を自由に自分で見て評価し、自由に感想が述べられる環境が何よりも大切だと思います。

 

続きを読む "愛知トリエンナーレ2019"

| | コメント (0)

2019年7月14日 (日)

南山大学 人類学博物館 自由にさわれる博物館

世にも珍しい 自由にさわれる博物館
南山大学 人類学博物館のツアーにまた行ってきました。

一般の博物館だとただ自分で見て回るだけなのだが、このツアーが素晴らしいのは教授直々詳しく説明していただき、なおかつ質問もでき、考古品を触って感触や重さなどを感じ、鳴らしたり、実際に使われていた状況が生きて頭に入ってきます。

Img_7674

Img_7675

続きを読む "南山大学 人類学博物館 自由にさわれる博物館"

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

中山道広重美術館 国芳の時代

中山道広重美術館へ行ってきました。

20190421-220224

 

20190421-220240

続きを読む "中山道広重美術館 国芳の時代"

| | コメント (0)

2019年3月30日 (土)

桜の宴 川上貞奴 別荘 萬松園にて

年に数日間、桜の花の咲く頃だけ行われるという桜の宴へ行ってきました。

 

2019326

広大な文化財 迎賓館 サクラヒルズ 川上貞奴 別荘 萬松園をゆっくりと拝見し、お抹茶を頂き洋館でフランス料理を堪能する桜の宴です。

 

Img_5858 Img_5975 Img_5869 Img_5884_1Img_5870

続きを読む "桜の宴 川上貞奴 別荘 萬松園にて"

| | コメント (0)

2019年2月24日 (日)

御懐石 志ら玉 2019.2.17

きちんとした料亭は美術館などとは違い全体が活きた空間であり、料理、器、数寄屋造り、日本庭園、美術品、芸妓、邦楽などの正統派の日本文化の集大成の場であり堪能できる唯一の場所です。

老舗の料亭は料理も良いのですが、それよりも、

建物や数寄屋の妙、飾り物や、気の利いた調度品がポイントよく置かれ、統一された全体感といぶし銀の様な世界で、物によっては触って直接楽しめる貴重な場所でとても勉強になるので大好きです。

 

20190223_03719

続きを読む "御懐石 志ら玉 2019.2.17"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧