« 六道を泳ぐ天国 | トップページ | 蕎麦カクテル・Blancブラン »

2020年8月 6日 (木)

蕎麦カクテル・ルージュ

針の様に
 細くしなやか
     心も涼し
  
 『蕎麦カクテル・ルージュ』

Img_4805

 


とても暑い日
  遊び心で
    時々
  思いつきで
   お出しする
     冷たい蕎麦

Image_20200806153604

 

Image_20200806154009

素麺よりも細く
 もうこれ以上は細く出来ない
   超々細打ち二八蕎麦

グラスは、
 貴重な20世紀初頭の
アンティーク バカラ 
クープ シャンパングラス

    

グラスもしっかり冷やし

 冷たく繊細で抵抗もなくツルツルっと
  喉をながれる
     この上ない喉ごし

  清涼感たっぷりのおいしさをお楽しみ下さい。

物語のある料理
  野の花料理・恵那の野山の蕎麦懐石

 …………………………

グラスは、バカラがまだネームを入れなかった頃の
 アンティーク クープ シャンパングラス
 1907年製純正カタログ掲載品商品No.3458 “CYLINDRIQUE”

(アンティークとは、もともと古美術や骨董品という意味で、100年以上前の芸術的なもののことを指します。)

20世紀初頭
パリが繁栄したベル・エポックの時代の終わり頃の製品です。
ベル・エポックといえば植物的で曲線的な装飾のアール・ヌーボーが多いのですが、これはもう次に始まるアール・デコの雰囲気ですね。
 …………………………

ベル・エポック(BelleÉpoque、フランス語で「良き時代」の意)とは、主に19世紀末から第一次世界大戦勃発(1914年)までのヨーロッパで戦争がなく、パリが繁栄した華やかな時代、またはその文化を回顧して使われる言葉です。





|

« 六道を泳ぐ天国 | トップページ | 蕎麦カクテル・Blancブラン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

蕎麦懐石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 六道を泳ぐ天国 | トップページ | 蕎麦カクテル・Blancブラン »