« うたかたという うたなればこそ | トップページ | 恵那峡ビアテラス 2020.7.23 »

2020年7月23日 (木)

また 軽く むしやしないを

先回献血して3カ月
日赤から今日から全献血可能というメールが来た。
早速献血をを兼ねて映画を観に名古屋へ。

Image_20200723231202

 

Image_20200723231302

お昼はまた軽く ミッドランドスクエアの和久伝で 

Image_20200723231303
「むしやしない」を頂きました。


(虫養い(むしやしない)とは
京言葉で 腹の虫に食物を与える意味で、小腹が空いた時にいただくちょっとしたお料理のことです)

先月は京名物の鯖寿司を頂きましたが、今月いただいたのは
「煮穴子と古代米の飯蒸し」です。

Image_20200723231305

Image_20200723231308

 

赤米と餅米のミックスおこわを笹に乗せ、煮穴子と野菜を乗せて甘いお味噌を付けて全体を竹皮に包んで蒸してある。
野菜は菊芋 ズッキーニ オクラ 人参。
菊芋は奈良漬けが使ってあり、これがいい感じに生きている。

ご飯には古代米が入った方が旨味が出て米のプリッと感もあるので
餅米だけよりももっと美味しい。

Image_20200723231310

漬物は胡瓜の粕漬け
お吸い物は
白木耳のお味噌汁
少しプリッと食感良く全体がやや柔らか目の飯蒸しに細やかなアクセント

美味しい虫やしないでした。
少し軽いが、これくらいでお昼は十分ですね。

デザートは
甘味はやはりこの夏の季節だけの
   和久傳拘りの料亭の甘味
 れんこん菓子 「西湖」

Image_20200723231312

(「西湖」は、蓮根のでんぷんである蓮粉と、和三盆糖と和三盆糖蜜で練り上げからつくった料亭の生菓子で、防腐作用もある笹の葉を丁寧に手で巻いて作られます。)

Image_20200723231314

器もしっかり冷やし、冷たく冷やしてあり 和三盆の甘みと、れんこんのさらっとしながらもちもちつるつるした口あたり
これもこの時期は外せないお菓子です。

お抹茶は普段のものより苦めで茶の甘味を抑えたものでした。

Image_20200723231402

ごちそうさま。

Image_20200723231403

さて今から 名古屋駅セントラルタワーズ20階の日赤献血ルームに行き400cc献血です。

 金はなくても献血なら協力できる。

車の運転でも60歳で危なっかしい人もいれば85歳でもシャンとした人もいる。中身で免許証発行を査定すべきだと思うが、

献血は実年齢で69歳までという制限がある。

頭は5歳児の子供であり、すこぶる健康であり、少々血の気が多いので、今後も十分いけるとは思うが、こればかりは仕方ない。
献血できるうちに出来る限り協力しよう。

|

« うたかたという うたなればこそ | トップページ | 恵那峡ビアテラス 2020.7.23 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うたかたという うたなればこそ | トップページ | 恵那峡ビアテラス 2020.7.23 »