« 薊 アザミ バナー | トップページ | 織部釉 高高台 まな板皿 »

2020年6月16日 (火)

旧暦 皐月の蕎麦懐石の お花

「恵那の野山の蕎麦懐石」は、一日一組四名のお客様に心から楽しんでいただきたい処です。
飾る花も毎回この一組のお客様に「今の恵那」を感じていただきたくて、野山へ出かけて自然の中から少しだけいただいて活けています。 Image_20200616224004

 

Image_20200616224004

先週探して採ってきた花は急な暑さと紫陽花の仲間は水揚げがうまくいかなくて弱ってしまい、今週は水曜日から雨模様になりそうなので降る前にと、昨日また山へ行きました。
別の場所を探そうとカーナビで道を見ながら新しい所へ。カーナビではその山道は切れることなく最後には県道につながっていました。
やがてアスファルトの道は徐々に細くなり車一台だけが通れる砂利道へ、さらに進むと道は草道で轍だけがある状態。
ヤバイっと思いながら、でもカーナビで道は続いている。
更に進むと轍もなくなり草場の道 心配になっているがもう少し行ってみよう


更に進むと道が消えた。

カーナビはどうした?

樹々の間に獣道の様なものになっていた。

さあ、引っ返すのが大変。
車をUターンさせる広さが無い。

Uターンの場所を求めてしばらくバックです。

こんなで結構大変でしたが、いい花が咲いていました。

晴れた日の山もみじが初夏の真っ青な空にとても美しく
ひっそりと咲く小紫陽花

野ばらが赤く 白く 
  かわいい花を咲かせ

まるでコスモスの様に風にそよぐ金鶏菊

どれもいい花 
  いい季節です。

野山へ出かけて出会った花たち
野ばら
アジサイ
山もみじ
皐月
金鶏菊
雛菊
ヒメジョオン

山の中は丁度今は紫陽花の季節で

小紫陽花コアジサイ
卯木ヒメウツギ
岩絡みイワガラミ
など紫陽花の仲間達が咲いていました。

この内

姫卯木ヒメウツギ
岩絡みイワガラミ

麓のツツジは終わっていますが、山奥で綺麗な山躑躅を見つけ
若葉紅葉
サルトリイバラ
も山から頂いてきました。

1Fの玄関に恵那の野山に自然に咲いている感じに、
枝もそれ程切らず、あまり手をかけないで活けました。

花器は拙作 両翼花器 「飛翔」
お客様が大きく飛び立っていかれますように。

さあ紫陽花の仲間たちは
週末来られるお客様をちゃんともてなせるように元気でいてくれますでしょうか

|

« 薊 アザミ バナー | トップページ | 織部釉 高高台 まな板皿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 薊 アザミ バナー | トップページ | 織部釉 高高台 まな板皿 »