« 藤の花の蕎麦懐石 | トップページ | 若葉千彩 »

2020年5月13日 (水)

鄙の花咲く郷

恵那の野は
 何処も鄙の
    花の園

 普遍なれども
  感ずるものに
   

  えなののは
   いずこもひなの
      はなのその
 
 ふへんなれども
  かんぜよこころ

 

Img_3611

Image_20200513152702

Image_20200513152703

 

ワンコと共に野を歩き
 何気ない日常の
  細やかな 幸せの花たち

 Image_20200513153504

Image_20200513153505

Image_20200513153507

Image_20200513153509

Image_20200513153510

Image_20200513153602

Image_20200513153702

Image_20200513153704

野に咲く沢山の小さな花々
次回の
 物語のある料理
「野の花料理・恵那の野山の 蕎麦懐石」は何を飾りましょう

赤き苺は 蛇苺
 
 
 誰も見向きもしません
   名前のせいかな
     甘くないからかな

  本当は食べられるのに
   味がないということは
    すきな味になるということ
   プチプチっと楽しい苺

ほんの今だけ、数日で消えていく蛇苺は
 「野の花料理・恵那の野山の 蕎麦懐石」でも年に一度しか使えない特別な宝物
  

|

« 藤の花の蕎麦懐石 | トップページ | 若葉千彩 »

恵那・岐阜」カテゴリの記事

蕎麦懐石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 藤の花の蕎麦懐石 | トップページ | 若葉千彩 »