« マスクはシルクがいちばん! | トップページ | たそがれの 返歌 »

2020年5月18日 (月)

たそがれ

たそかれの
  こころに忍ぶ
      さみしさは

   君へのおもい
     なおも深まり

Image_20200518002902

…………………………………………

たそがれは
  女性を一番うつくしく想い
     心ときめく刻

 なにか こころさむく感じるこの時間は
    よけいにいとおしい女性のことを想うのでしょう
 

黄昏(たそがれ、たそかれ)は、一日のうち日没直後、雲のない西の空に夕焼けの名残りの「赤さ」が残る時間帯です。「誰そ彼(たそかれ)」といい、「たそかれどき」の略。

江戸時代になるまでは、夕暮れの人の顔の識別がつきにくい暗さになると誰かれとなく、「誰そ彼(誰ですかあなたは)」「そこにいるのは誰ですか」とたずねる頃合いという意味で、この風習は広く日本で行われていました。

西の空から夕焼けの名残りの「赤さ」が失われて藍色の空が広がると、「まがとき=禍時」という時間帯に入ります。

|

« マスクはシルクがいちばん! | トップページ | たそがれの 返歌 »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

短歌・和歌・句」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マスクはシルクがいちばん! | トップページ | たそがれの 返歌 »