« 生そば 清助(名古屋市東区撞木町)2020.2.7 | トップページ | グルメ犬 »

2020年4月21日 (火)

おぎのや 木曽薮原2020.3

恵那から1時間30分 19号で86km 高速伊那経由118km

 

うまい店で今回で4回目 久々の訪問

自宅から120km 1時間半 中央道 伊那インターを出て、権兵衛トンネルを超え木曽の藪原宿に下って行きました。

 

木曽街道 薮原宿 昼なのに誰も歩いていない古い街道

その宿場町の中程にその店はある。

堂々とした古い旅籠を改装した店構え

Img_2306 Img_2307

Img_2311

框を上がると高い天井に明かり取り

大きな囲炉裏 の前に江戸時代の旅人が座っている様な感じです。

 

Img_2312

Img_2319

 

堂々たる格好良い囲炉裏

この前だとどんなものでも美味しくなってしまいます。

Img_2327

 

Img_2336

 

Img_3208

Img_2342

 

おぎのやのご主人は、あまりにも有名な 蕎麦の神の手を持つという蕎麦名人 翁の高橋邦弘氏(達磨の大将)から蕎麦打ちを教わりたくて、木曽から広島の雪花山房まで何度も通い詰めて ようやく許しを得て修行したそうです。

 本当に遠い距離  すごい方 根性ですね。

 

高橋邦弘氏の蕎麦は1寸を23本に切る江戸の並蕎麦の太さ(1.3mm)よりほんのちょっと太くエッジの効いたすっきりとした麺線で綺麗な味の蕎麦で、おぎのやはそれによく似た良い蕎麦で、他の翁グループの店よりも達磨の大将に近い蕎麦を出されていました。

 

7年前初めて伺ったときに

「粗挽きを食べたい人は他の店で食べてもらえば良い。老人と子供が食べやすいように、私も毎日食べているが毎日食べても飽きないように喉越しを考えてつくった蕎麦です。」と優しい顔でそばに対する思想を話されました。

実際に頂いた蕎麦はその通りとても素直できれいな素晴らしいそばでした。

 

だから今まで3回も来ています。

高橋邦弘氏を尊敬され真摯に作られている蕎麦

20200419-105127

メニュー

Img_2318Img_2316

ここへ来たら

とうじそば(1人前24002人前から)だね。でもいい値段だ。

鴨とうじそばと木曽路三割麹純米酒を注文

 

とうじ蕎麦は木曽薮原の北西20km位の野麦峠近辺で食べられていたもので、蕎麦をとうじかご(小さな笊)に入れ、季節の野菜やきのこたっぷりの鍋でさっと湯がいて食べる野麦峠の里に古くから伝わる伝統の味です。

 

酒は木曽路三割麹純米酒

 マッタリと旨味のあるいい酒だ。

 

 

玄そばの産地は

北海道 摩周湖

茨城 常陸

地元 木曽村

とうじそば

 Img_2330

あれ!

Img_2335

蕎麦がちがう!

以前から知っているおぎのやの蕎麦とは違っていた。

以前の蕎麦は太さもキリッと同じでまとまり、エッジも活きていて、喉ごしを特に大切にした蕎麦だったが

今回ははすこし太くなり、蕎麦のエッジもあまりキリッとしていなく、並の喉ごし

 

 Img_2330 

とうじそばは具沢山の鍋 小さな笊に蕎麦を一口入れて温めてたべるのだが、今回はつゆが少なくて笊がゆったりと沈まなくてそばが温め辛い。

20200420-235416

不親切。今までこんな事は無かった。

 

鴨は具と一緒にしっかり煮過ぎで鴨の旨さは半減で、汁は随分甘く辛い味

Img_2334

 

奥にも座敷があり以前はそちらにも客がいましたが、なぜか今回は低い衝立で仕切られ暗くなっており、囲炉裏端だけしか開放せず、待ち客は通路や外に並んで待っている状態でした。

(以前なら奥の座敷にも客を入れたはずだが)

やはり なんか変。従業員も同じなのになんか雰囲気が微妙に違うのです。

 

今も翁グループの会員みたいですが、切り方も味もダルマの大将の弟子とは言えない 何か変わってしまっています。

 

蕎麦の味は近在の中では一番美味しいと思いますが、かつての張りのあった味では無いのです。

ここ数年で何があったのでしょう。

蕎麦に対する拘りが減ったのかな?

 

しばらく行かないうちに蕎麦が田舎っぽいゆるいものに大きく変わっています。

 

以前は田舎のそばや長野の蕎麦とも違う  だるまの大将高橋邦弘氏直伝のきれいな蕎麦で、

今まで大勢の方に薮原のおぎのやは木曽ではすごく良いよっと奨めていたのに。

今でも決して不味いわけでは無いが、以前が良すぎたのだ、

ただこれは特別の蕎麦じゃ無いのでこれからは黙っていよう。

でも、蕎麦は生き物。

また いつ 凄い蕎麦が出るかもしれない それを期待しておこう  また いつか?

達磨一門 お店所在地図があった。

Img_2340

この中では今までに数店舗行っている。

 

…………………………………………

おぎのや

長野県木曽郡木曽村藪原   

営業時間

11001500

日曜営業

定休日

水曜日

 

|

« 生そば 清助(名古屋市東区撞木町)2020.2.7 | トップページ | グルメ犬 »

蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生そば 清助(名古屋市東区撞木町)2020.2.7 | トップページ | グルメ犬 »