« 手摘み山桜茶 | トップページ | おぎのや 木曽薮原2020.3 »

2020年4月18日 (土)

生そば 清助(名古屋市東区撞木町)2020.2.7

備忘録として。

ビルの1Fだが外観は黒竹がシックな感じ、店内もとてもすっきりと良い感じ。

夜きて天麩羅やつまみで酒を飲み〆に蕎麦という感じ。

Img_1664

Img_1666

Img_1668

 

お品書きを拝見し

蕎麦産地を尋ねたらは北海道といわれ キタワセソバ。

Img_1671

Img_1669

Img_1677 Img_1676 

日本酒は七種類 一般的な感じ

Img_1678

料理

まず目についたのが、「魚沼産 蕗の薹の天ぷら」

これは蕗の薹は初物 これは食べよう。

次に蕎麦味噌を注文

 

おひるの「お得な前菜付お勧めセット」というのがあり

この中に

《二枚セット》

「季節の前菜盛合わせ 桜海老とミツバのかき揚げ(小) 十割蕎麦2枚」

 1950円というのがあった。

蕎麦の盛りは2枚とも並盛りと言われた。

 

胃袋がやや小さめなので、並盛り二枚を一人で食べるには多いので、

 

一人はこの二枚セットの蕎麦一枚をセットに付いている前菜盛り合わせ 桜海老とミツバのかき揚げ(小)を食べて、

 

私は一枚を魚沼産の蕗の薹の天ぷらで食べようと思い、

 

二枚セットを2人でシェアして 別に蕗の薹の天ぷらを注文しようとしたら、

それは出来ないと言われた。

 

蕎麦1枚を別々注文なら良いと言われる。

? ?

どうして?

2枚の蕎麦を二人で食べるから良いじゃ無いかと聞いても

シェアすると蕎麦つゆが2つになるからダメということ。

? ?

蕎麦つゆが一つ余分にいるからという事らしい。

 

その程度で断られるとは思わなかった。

蕎麦つゆを2つお願いするとも言っていないが、

蕎麦つゆは一つで良いといって注文した。

中々おもしろいお店だ。

気分が冷めてしまった。

…………………………………………

蕎麦味噌

 

Img_1680

Img_1681

こういうセットだと酒が進むだろうが今日はおひるで、午後行くところがあるので酒抜き

 

Img_1682

初物の蕗の薹

 

Img_1683

Img_1686

Img_1685

蕎麦は十割

40位の感じのメッシュ

切り方やや太め15本(1寸を15本切り)

 

色は良い、木目がやや細かく喉越しもまあまあ。

北海道らしく香りは少なめ蕎麦の甘味も旨味も並

北海道の蕎麦は生産量は全国一だが、他県の蕎麦と比べると薄味中心。

 

北海道で キタワセソバ

北海道でも最近はしっかりと蕎麦の味のものもあるが、多くは、良いいい方をするとキタワセは香りも味もまろやかで、付け合せを選ばずに食すことが出来る優等生な蕎麦という印象だと思う。

くせが無い好みだろうが、旨みを求めればまた別のそばを選ぶが。次回はどんな蕎麦を出されるのだろう

そばつゆは生臭も少なくいいが軽い感じ

 

蕎麦湯

Img_1687

名古屋であるし、服部名人の沙羅山に似た感じのそばなので、沙羅山に学んだお店かと思ったが、対応がああなので服部さんの所とは違うかな?と思い、帰りに尋ねたら沙羅山だった。(ただ、蕎麦打ち人と花番はちがうから何ともいえないが。)

 

…………………………………………

愛知県名古屋市東区橦木町3-54ステージ橦木1F

名古屋市営地下鉄桜通線/高岳駅 徒歩10 (767m)

052-938-7855

月,木~日 11:0014:30,17:0020:30 11:0014:30

定休日毎週水曜日

|

« 手摘み山桜茶 | トップページ | おぎのや 木曽薮原2020.3 »

蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 手摘み山桜茶 | トップページ | おぎのや 木曽薮原2020.3 »