« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月の24件の記事

2020年4月23日 (木)

春の艶衣

黒髪に
 桜の錦
  つつじ帯

  裾水仙の
   春の艶衣(つやぎぬ)

          周之介

 

20200423-02356

| | コメント (0)

一人 桜

観る人の


 影すらみえぬ  桜園

    一人泳ぎて  桜守如く

 

20200423-03323

| | コメント (0)

ルイ・ヴィトン営業再開 中国で売り上げ50%増

ヨーロッパの世界的ブランドも次々と営業再開
        中国はコロナに負けず 日本も早く

 

https://www.wwdjapan.com/articles/1071254?fbclid=IwAR36Y5oWZfIbpAjs_7V8UJzRpBvaF4oxOTe0HdDlM7w5na1-LdIevAcrV6Y

| | コメント (0)

躑躅の和歌

思ひいづる
 常磐の山の
    岩躑躅
  いはねばこそあれ
     恋しきものを
          平貞文

 

20200423-02327

続きを読む "躑躅の和歌"

| | コメント (0)

自然は自然のまま

昨年の今日の投稿ですが、今年もちょっと天候不純で自然の野山は素晴らしい食材を重ねて出してくれています。
深山に行けばまだ桜があり、蕗の薹 ヤマツツジ 椿 土筆 その他多くの山菜も。
ちょうど岐阜県の飛驒・美濃伝統野菜であるとても美味しい中津川市の「瀬戸の筍」も出ています。

春の味を満喫できる一番良い時期になりましたが、自然は自然のままなのに 人間だけは違う今年です。20200423-02006

続きを読む "自然は自然のまま"

| | コメント (0)

2020年4月21日 (火)

訪れるものなき桜の園

艶やかに
  装い待てど
   誰一人
 訪れるものなし
  ひとり散りゆく

Img_3033

続きを読む "訪れるものなき桜の園"

| | コメント (0)

桜 唯 我愛でつ

誰一人
 観る者みえぬ
      花の苑
  
  桜寂しく
    唯 我愛でつ

20200421-221153

| | コメント (0)

グルメ犬

香り愛で
 味わい
  楽し
  旬なれば

20200421-220741

続きを読む "グルメ犬"

| | コメント (0)

おぎのや 木曽薮原2020.3

恵那から1時間30分 19号で86km 高速伊那経由118km

 

うまい店で今回で4回目 久々の訪問

自宅から120km 1時間半 中央道 伊那インターを出て、権兵衛トンネルを超え木曽の藪原宿に下って行きました。

 

木曽街道 薮原宿 昼なのに誰も歩いていない古い街道

その宿場町の中程にその店はある。

堂々とした古い旅籠を改装した店構え

Img_2306 Img_2307

続きを読む "おぎのや 木曽薮原2020.3"

| | コメント (0)

2020年4月18日 (土)

生そば 清助(名古屋市東区撞木町)2020.2.7

備忘録として。

ビルの1Fだが外観は黒竹がシックな感じ、店内もとてもすっきりと良い感じ。

夜きて天麩羅やつまみで酒を飲み〆に蕎麦という感じ。

Img_1664

続きを読む "生そば 清助(名古屋市東区撞木町)2020.2.7 "

| | コメント (0)

手摘み山桜茶

物語のある料理
「野の花料理・恵那の野山の 蕎麦懐石」で桜の時期だけお出ししている手作りのお茶です。

Image_20200418000407

続きを読む "手摘み山桜茶"

| | コメント (0)

桜のしずく

たった数日しか楽しんでいただけないこのお料理

Image_20200417235801

続きを読む "桜のしずく"

| | コメント (0)

2020年4月17日 (金)

花冷えの頃

願わくば
  花の下にて
     春死なむ

  その如月の
      望月の頃

 

                               西行

 

Image_20200417235301

続きを読む "花冷えの頃"

| | コメント (0)

桜そばがき

甘い和菓子ではないのですが、

この桜の時期 半月だけ

 桜そばがきをお出しいたします

 

Image_20200417235102

続きを読む "桜そばがき"

| | コメント (0)

日々是好日

静寂の中に音を聴き
  不変の中に変化観る

  満たされる我
     普遍の中に

      摘草料理 美山荘にてImage_20200417234901

続きを読む "日々是好日"

| | コメント (0)

2020年4月16日 (木)

わくり2020.4.10

蕎麦は生き物である。
蕎麦はそば粉と水だけの世界であり、同じそば粉で同じお店でも今日と明日では味が違ってしまうほど繊細な真剣勝負の世界だ。
蕎麦を志すものとして、今まで日本各地の本物の手打ち蕎麦を求めてもう400軒ほど食べ歩き勉強しているが、

岐阜県の東美濃地方では、今日の段階では、『手打ち蕎麦わくり』が一番だろう。

Img_3162

続きを読む "わくり2020.4.10"

| | コメント (0)

ベルエキップ2020.4.12

 コロナ禍でこのまま行けば世の中の企業・小売店飲食店は半分以上が閉鎖や倒産に巻き込まれて大勢の失業者や悲惨なことが起きる。

当に殺人ウイルス 表面には出てこないだろうが死因の一番は恐らく自殺となるだろう。

 

 飲食でも本物を食べさせる大切な店だけは、何とか生き延びていただきたいと思い、ほんの僅かでも売上げに貢献したいと、三密を避け、全体の安全対策を充分はかり、人に極力会わない方法で、美味しい店だけに絞って行くようにしています。

ベルエキップここも貴重な店。



今回はコロナ騒ぎでお店も大変だろうと思いながら、ここも貴重な店。三密の無い空間で、食べてささやかでも売上げに貢献しようと出かけてきました。

 

 

 田舎の市にありながら、特に鴨・子羊・フォアグラに関しては銀座の三つ星しか置かないような最高級の旨い食材に拘るシェフ。

お店は外観も質素で田舎の喫茶店風で安っぽいので、改装でもしたらと言うと、改装に費用を掛けるのなら、食材に金を掛ける。

と食材に金を掛けること以外絶対に譲らない偏屈シェフですが、私のお気に入りのフレンチレストランです。Img_3146

続きを読む "ベルエキップ2020.4.12"

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

奈良の花 そなたは何か 春の風

あをによし
 奈良の都は
   咲く花の
    匂うがごとく
      今盛りなり
 

春爛漫 満開の花を思わせるあまりにも有名な華やかなうたですね。 

 

20200407-03833

続きを読む "奈良の花 そなたは何か 春の風"

| | コメント (0)

笠置峡 風に遊ぶ

誰一人
 愛でる者なし
     桜園峡
 
  風に遊ぶは
    子犬と花弁
  ・
  ・
  ・

Img_2853

 

        恵那市 笠置峡

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

桜の峡

滔々と
 時代をのせて
    流れゆく
   笠置の峡に
      花の帯


        恵那 笠置峡

 

20181014-01333

| | コメント (0)

春のむらさき

むらさきの
 彩(いろ)は淡濃(たんのう)
  別れても

 匂へる春は
   共に心奥

紫の
 花は白く咲けれども
 心を映すは
  この小さき花か

20200405-14151420200405-141457

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

碧落の木蓮

碧落に
 一陣の風
   春深く
 

 
    恵那市三郷町
       春 好日

 

20200401-213606

| | コメント (0)

コロナなんか飲み干してやる!!

同じコロナでも、コロナ・エキストラ ビールは

流行の物とは違い 明るい色ですっきりと軽いやさしいフレーバーの飲みやすい味わいです。

 

20200401-213334

続きを読む "コロナなんか飲み干してやる!!"

| | コメント (0)

弥生の活花

空の青
  鴬鳴くは
 里の山
 
 芽吹の春の
    花も増えつつ


20200401-213132

続きを読む "弥生の活花"

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »