« 梅の春 | トップページ | 益子焼のお年玉 »

2020年3月 9日 (月)

3月8日はミモザの日

イタリアでは
Festa della Donna(女性の日)
男として 愛する女性に特に感謝する日です。

この日イタリアでは、男性から女性にミモザを贈る文化があります。

 

20200309-150931

 

幸せの黄色い花
女性の日の花がなぜミモザの花とされたのでしょうか。
これは第二次世界大戦が終わった後の1946年に、イタリアの女性連合が提唱したことに始まります。
終戦後の初めての女性の日にふさわしい花を考えたところ、最初は女性に贈るにはスミレがふさわしいとされました。
しかしスミレは、当時は高価な花。
そこで、この時期にイタリアに自生する身近な花であるミモザならば、貧富の差に関係なくどんな人でも感謝の気持ちを表わすことができるということで、ミモザを贈ることに決めたのです。
優しさですね。

もうひとつ、ヨーロッパではミモザは日本における梅のように「春の訪れを告げる花」としても愛されています。

春を告げる新鮮な花
ミモザを贈られた女性は、髪や胸元に飾ったり、自宅に飾ります。
小さな男の子だって、大好きなお母さんにミモザの花を贈るのです!
どうして3月8日なの?
ロシアのサンクトペテルブルクの女性がロシア皇帝に対してデモを起こし、二月革命に発展し、そして遂にはロシア帝国を倒すに至ったのですが、女性が最初にデモを行ったのが、1917年の3月8日。
この大革命に大きな力を捧げた女性たちを讃え、国際女性デーが1921年3月8日に決まり女性の自由と平等を掲げる日として祝われています。

 

母へ、妻へ、恋人へ、

すべての世の
女性達に

改めて

愛しています

ありがとう

|

« 梅の春 | トップページ | 益子焼のお年玉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅の春 | トップページ | 益子焼のお年玉 »