« 中学3年生の時の手づくり | トップページ | アニエスはアニエスだね! »

2020年3月 1日 (日)

手打ち蕎麦 くくり 2020.2.21

とてもゆったりとした豊田市美術館や豊田市民芸館は共に素晴らしいのだが、
豊田市には気の利いたランチの店がないので、美術館と民芸館に行くときはほぼ毎回昼に行っているおみせです。 Img_1922

Img_1923

 

 

店内の造作がおもしろく、

Img_1913

Img_1912

Img_1908

陶器なども飾られている中で、

Img_1909 Img_1911

Img_1915

Img_1917

Img_1918

Img_1919

Img_1920

長野県戸隠で修行した大将の作る手打ち蕎麦を頂きます。

(江戸時代から、うまい日本酒を飲むなら蕎麦店に行くというのが鉄則ですが、逆にうまい酒を置いてない蕎麦屋は不味いともいえます。
私ははじめての蕎麦屋さんへ行くときは事前に必ずお店にある酒の内容を聞きます。蕎麦の産地など聞いてもうまいかどうかは不明ですが、良い酒を置いている店なら蕎麦は不味くは無いからです。)

今回のくくりも数年前にそうやって確認して伺った店の一つで、豊田市で何軒か食べた中でも今は一番気に入っています。

 そばを食べる前に、肴とお酒を楽しむことを「蕎麦前」と言い、ほぼいつもお昼に蕎麦屋に行くと一杯いきますが、
今回は
まず、そば前として、
浦霞特別純米 生一本 800円
前菜三種盛り500円
山菜の天ぷら盛り合わせ1000円

昼そばランチ1250円
10割そば(1日限定8食) 950円

昼そばランチは「抜き」でお願いしました。
「抜き」とは 例えば「天ぷら蕎麦の天抜き」というと天麩羅だけが先に来てさけの肴にしてあとで蕎麦がくるという寸法です。

十割蕎麦も後でいただくようにお願いして

まずは 蕎麦屋酒

酒器の片口は四角で結構良いが、一緒に来た磁器の猪口とまったく合わない。

Img_1902  片口を褒めたばかりなのに、

これで酒の味が少し醒めるな 残念。

浦霞特別純米 生一本
旨い酒を醸す醸造元なので安心して注文できる
キリッと辛口スッキリした中に少し旨味がくる酒

前菜三種盛りホタルイカ酢味噌
鶏のアボガドゴボウ素揚げ
春の菜

Img_1887

Img_1888

Img_1889

Img_1890
趣向を上手く三種変えていて見事。 それぞれ美味しい

山菜の天ぷら盛り合わせ

Img_1891
ウド
こごみ
タラノメ
蕗の薹
ゼンマイ

サラッとした衣でよくできている山菜だ、が、
贅沢を言うと
まだ旬には早く 栽培された物で
春の味「苦味」は弱い
逆にいうと苦味が優しくて食べやすいとも言える

旬の苦味の効いた山菜なら熟成してまったりとした酒が合うが
この あまり主張しない山菜の苦味には浦霞特別純米の辛さがよく合う。

Img_1893

ニハ蕎麦は指を使いくるっと一口ずつ分ける戸隠流のぼっち盛りだ。

Img_1895

くくりは戸隠蕎麦がメインなので蕎麦産地も戸隠かと思ったら、今回は
十割蕎麦も二八蕎麦も産地は長野八ヶ岳産で同じ粉の打ち方違いとの事だった。

 まる抜き(黒く固い鬼殻を取り去った粉)なので田舎のような茶色ではなく、苦味のないものであり、
蕎麦の粒子はおそらく80メッシュ位の超微粒子。
太さは十割も二八も同じ17本打ち

Img_1896

Img_1897

Img_1898

 同じそば粉の同じ粒子での十割と二八との差という事になるが、
色でわかるとおりニハ蕎麦は白い小麦粉の20%分は十割蕎麦よりも色が白くなっている。

超微粒子なので十割蕎麦でも繋ぎも喉越しも結構良いが、
二八は十割より20%分喉越しも柔らかくなるが、蕎麦らしさは20%消えるという事。
味は十割は二八より少し美味しく喉ごしは二八より少し悪い、その程度の差しか無く、楽しみは少ない。

 

湯桶が中々チャーミング

Img_1900

Img_1904

いつも作家物の器を置いたりと楽しめる店です。

洗面所がなかなか! 漆喰とシンクと蛇口がいいね!

Img_1906

 

----------------------

 折角良い蕎麦なのだから、私なら同じ産地のそばでも片方は20メッシュ位の超粗挽きを打つだろう。
20メッシュが、数こなせないのなら、30メッシュ位でも10分味の変化が出せるであろう。
それか、片方は産地を変えて出すと両方食べたい客が増えると思うが。

----------------------
手打ち蕎麦 くくり
愛知県豊田市竹生町4-58
0565-77-7037
火~日 11:00~14:30,17:30~21:30
定休日毎週月曜日、毎月第3火曜日

|

« 中学3年生の時の手づくり | トップページ | アニエスはアニエスだね! »

蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中学3年生の時の手づくり | トップページ | アニエスはアニエスだね! »