« 絵絣の似合う町 | トップページ | 倉吉市にも遅い初雪 »

2020年2月 8日 (土)

母 満95歳

母 満95歳
その人生は、吉田家の長女であり跡取りとして波乱なものでした。
 小さな頃は買い物などでも下男下女がいつも一緒にいてお金等も見たこともないお嬢様でしたが、早く両親を亡くし戦後の農地解放や大波乱で、多くの貸家や財産をほぼ失いますが、家の誇りだけはしっかりと持った強い人でした

20200208-230507

 

その後は愛する父と一緒に夜なべをして手織物を織ったり、様々な芸術家との交流や美しいものを見聞き、美味しいものを堪能してきました。
 
 この世に満足したらその頃に大好きな父の所へ行くだろうと思っていた所、やはり、母らしく綺麗なシミもない いい顔で凛として静かに逝きました。

    とても厳しいけど芯のやさしい格好良い母でした

 悔やみごとなどいうものでない!
まっすぐ行きなさいっという筈だから、お悔やみはいりません。喪に服すより、美味しいもの好きな母の喜ぶおいしいものを食べておくりました。

 そして母が三途の川のほとりに到着する初七日に
   弟が鳥取県無形文化財保持者に認定。
     倉吉絣の復活から新しい織の世界を作り上げた偉大な父のあとを継いで 公之介も染織で無形文化財。

      母も特別喜こび 三途の川から引っ返そうかと思ったかもしれません。

 冥土にいる父への何よりの大きなお土産ができました。
  

  これも多くの方々の応援の賜物です、ありがとうございました。

|

« 絵絣の似合う町 | トップページ | 倉吉市にも遅い初雪 »

倉吉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 絵絣の似合う町 | トップページ | 倉吉市にも遅い初雪 »