« 愛知県美術館 コートールド美術館展2020.2.7 | トップページ | 日本酒をフランスで、テイスティングセミナー »

2020年2月13日 (木)

バレンタイン2020

バレンタインは
様々な美味しいチョコを見る年に一度の絶好のチャンスですね。
なんでも見たいのでファッションチェックも含めて毎年デパートのバレンタインコーナーに行っています。

 

Img_1702 Img_1707

かつてバブルの頃、婦人服の店を70店舗ほど運営していましたが、その頃のバレンタインは全国の店舗の女性達やデザイナーなどから合計100〜150箱ほど送られたりして頂き、うれしいのですが、持ち帰るのも大変な量で嬉しさ半分 食べきれずチョコレートを見るのも嫌になるぐらいでしたが、感謝の顔です。
悲惨なのはホワイトデー。
お返しに10万円ほど使いましたが、当時僕の小遣いは3万円くらいだったので、二ヶ月ほどは貧乏で何も買えない日々が続くのです。

 アパレルの仕事を離れてからは落ち着き、最近のバレンタインでは、
 チョコの一つはデパートで自分で見つけたものをプレゼントしてもらう恒例になっていて、昨年は目的の美味しいチョコレートがある名古屋三越へ行きましたが、今回は2月7日にJR名古屋タカシマヤで開催されている「アムール デュ ショコラ2020」へ。
 去年は27億を売り上げたという日本一ショコラの祭典!で、今年は30億円目標だそうです。

チョコレートの好みですが、
私が一番好きだったのはフランス リヨンの1925年創業ショコラの老舗 RICHARTリシャール・チョコレート 。
 芸術的なプチチョコレートを最初はじめた老舗で世界中のチョコレート好きが海外からわざわざ行くお店。

20200209-110616

こういう芸術的なチョコを最初にはじめたお店です。20200209-110534
以前は2003年の六本木ヒルズオープンに合わせて日本初上陸したショップがありました。あまりにも美味しいのでときどき六本木ヒルズまで出かけて買っていましたし、ヴァレンタインではちょっと大きめのものをいただいていました。残念ながら当時は高級すぎたのでしょうか何故か数年前に日本から撤退してしまいました。


 最近の一番のお気に入りはイタリア ヴェストリの看板商品『アンティーカ・ジャンドゥイア3・クラッシコ』4536円です。付属の金のスプーンで掬って食べるのですが、高級感のある絶妙な美味しさです。

20200212-225654 20200209-104942_20200213002101
しかし、名古屋では三越しか売っていないので今回は時間が無くて諦めました。

 いつもならゆっくりと何度も見て回るのですが、今回はフランス人醸造家の醸した日本酒テイスティング会がお昼にあり、夜はそのお酒に合うように作られたフランス料理ディナーなので、その合間に行ってきました。

多少でも混雑を避けて16時前頃行きましたがそれでも流石すごい人です。
 例年男性客は1%位ですが、今年はそれより少し多く感じました。
スイーツ男子が増えたのでしょうか。

本年は自分へのプレゼントが50%を超えたと言われるバレンタインですが、案の定 例年よりイートインコーナーが増えていて、美味しそうなショコラスウィーツ ジェラートやシフトクリームなどが数店舗あります。私もその一軒で食べましたが、良い味でした。
 その他世界各地や日本各地の銘店のチョコレート様々な店で試食をしていきましたが、日本のチョコレートのレベルはとても高く、ヨーロッパから来たチョコレートと比べても美味しい物も多い。
羊羹屋さんやせんべい屋さんのチョコレートなども増えていておもしろいです。

Img_1708

Img_1791

 ただ今回は入念にチョコをチェックする時間も1時間程だったので、今回だけは安直に人気投票1位のものを素直に買ってみることにしました。

Img_1711

Img_1712

オードリーは去年も平日でもなんとレジ待ち1時間半という人気店ですがタイミング良く客がうまく引いた時にゲット。

2014年横浜高島屋に第1号店をオープンし日本橋高島屋との2店舗展開のイチゴとチョコレートのスイーツ店です。

オードリーの代表はブランド名「オードリー」の名前がついたストロベリーチョコ。ということで、なんと購入してみれば4個入で994円。

ヴァレンタインのプレゼントとしては驚異的安さ。昨年は4536円なのに4分の一以下。とても安い値段ですが、大丈夫? 美味しいかな?っと一瞬脳裏をかすめました。

Img_1748

Img_1749

Img_1751

Img_1752

Img_1755

 

さて、半分に切って試食。
フレッシュストロベリーとチョコを合わせただけのシンプルものですが、
チョコレートを甘さ控えめで優しい味にしてありながら生イチゴのジューシーさを生かしてあり中々うまく作ってあります。

チョコレートの優しい甘さの後にストロベリーの酸味が来て最後にチョコらしいビター感が余韻として残る大人も喜ぶ、なかなかの優れものでした。

美味しいです。
もう一つ もう一つと3個続けて食べてしまった。
お抹茶にも合わせてみましたが、良い感じの大人のスイーツでこれも◎

一個約250円 これはバレンタインより普段食べたい良く出来たチョコレートでした。
今度日本橋高島屋に行って他のものも買ってみようと思います。

|

« 愛知県美術館 コートールド美術館展2020.2.7 | トップページ | 日本酒をフランスで、テイスティングセミナー »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 愛知県美術館 コートールド美術館展2020.2.7 | トップページ | 日本酒をフランスで、テイスティングセミナー »