« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月の22件の記事

2019年11月26日 (火)

たくみ割烹店2019.11.13

鳥取民藝美術館へ行った時に、しゃぶしゃぶの元祖を食べようと十何年ぶりにとなりの『たくみ割烹店』に行き、昼食をとりました。

Img_0150

 

続きを読む "たくみ割烹店2019.11.13"

| | コメント (0)

明倫小学校 円形校舎 2019.11.14

私の通った鳥取県倉吉市立 明倫小学校は家の裏門からだと始業のチャイムが鳴り出してから慌てても間に合う距離でした。
その小学校も今は移転して、鉄筋の円形校舎だけが残っています。


Img_0234

Img_0207

 

続きを読む "明倫小学校 円形校舎 2019.11.14"

| | コメント (0)

茜ごろもの秋の夕

黄昏に
 まとう着物の
    紅の冴え

 紅葉の錦
   移りゆく


       〈恵那峡〉

 Img_0434

続きを読む "茜ごろもの秋の夕"

| | コメント (0)

鳥取民藝美術館 2019.11.14

「民藝の母」と言われた
吉田 璋也の 鳥取民藝美術館

倉吉へ帰省した時、少し足を伸ばして久しぶりに行ってきました。
倉吉市の実家から車で丁度1時間弱です。

Img_0117

Img_0119 Img_0119

続きを読む "鳥取民藝美術館 2019.11.14"

| | コメント (0)

2019年11月23日 (土)

「吉岡 幸雄 染めの世界」パンフレット 丁度四十九日

11月15日に鳥取県倉吉市の故郷に帰省した時「吉岡 幸雄 染めの世界」パンフレットが公共施設に並べてあるのを発見。 



Img_0240

続きを読む "「吉岡 幸雄 染めの世界」パンフレット 丁度四十九日"

| | コメント (0)

植田正治写真美術館

数年ぶりに故郷 倉吉へ帰省し、西日本最高峰の大山(だいせん)の紅葉を見に出かけましたが、天気があまりにも良いので、逆さ大山をまた見たいと、 植田正治写真美術館まで足を伸ばして行ってきました。

20191117-121157

続きを読む "植田正治写真美術館"

| | コメント (0)

2019年11月22日 (金)

錦の衣を着た 大山(だいせん)  2019/11/13


ふるさとの山は輝いていました。

Img_0009

Img_0012_20191122235701

Img_9980

Img_9991

Img_9997

Img_0006

Img_0007

 

 

| | コメント (0)

我がふるさと 我が心の山

我がふるさと
   我が心の山

北アルプスの様な景観と
富士山の様な景観を持ち
伯耆大山(ほうきだいせん)とも呼ばれる
雄大な山


名前の通り 大山(だいせん)  

20191114-95245 

続きを読む "我がふるさと 我が心の山"

| | コメント (0)

2019年11月19日 (火)

秋の日

秋の日の
 ヰ゛オロン(ヴィオロン)の
     ためいきの

 ひたぶるに
身にしみて
    うら悲し。
 

20191118-235646

続きを読む "秋の日"

| | コメント (0)

2019年11月18日 (月)

齢95歳は子供の様

凛として
 厳しく生きた
    その母も
 
 臥せるその顔
    赤子のごとく


20191118-234921

続きを読む "齢95歳は子供の様"

| | コメント (0)

数年ぶりに ふるさとへ 2019.11.12

名古屋から新幹線で姫路
姫路からスーパーはくと号で故郷 鳥取県の倉吉市まで。
はくと号の車中で書いています。

スーパーはくと号は故郷へ向かう者に、最初に故郷を想わせてくれます。

20191118-233834

続きを読む "数年ぶりに ふるさとへ 2019.11.12"

| | コメント (0)

2019年11月16日 (土)

志庵 2019.10.14

瀬戸市にある愛知県陶磁美術館に河井寛次郎展と六古窯の時代展に行った時のお昼です。

瀬戸に行く時はお昼は何時もここ 手打ち蕎麦 志庵でいただきます。瀬戸市近辺では一番美味の蕎麦屋です。

瀬戸のものづくりの心と蕎麦のお店Img_9836

続きを読む "志庵 2019.10.14"

| | コメント (0)

2019年11月10日 (日)

恵那市 華展 2019.11.9-10

今年も出品させて頂きました。

Img_9883

 


花材
紫式部
白式部
薔薇
白薔薇
ゴッドセフィアーナ

続きを読む "恵那市 華展 2019.11.9-10"

| | コメント (0)

たべとるナイト2019.10.30

 世界トップレベルの農薬使用大国日本において、
地元で無農薬や低農薬の安全安心で健康的でおいしい食材をつくる生産者から直接買える『たべとるマルシェ』が毎月一度だが恵那市中央図書館で開催されていて安全食材を直に買えるのでとても助かっている。

 ここに出店している生産者と消費者が同じテーブルで、マルシェで販売している食材を使ったディナーコースを楽しむ会の第一回が開かれました。

20191118-03826

 

続きを読む "たべとるナイト2019.10.30"

| | コメント (0)

夕秋

茅葺の
 里の長閑な
     秋日和

  釣瓶はなけど
    急ぎ暮れ行く


………………………………
 
沈みゆく
 秋の夕日は
     影深し

  茅葺の野の
     終焉の紅

 

    〈恵那市 三郷町にて〉20191118-05222

| | コメント (0)

秋碧

秋晴れの
 無垢の碧さを
     地色にし
  
   紅の衣を
     描きいれつつ


    〈恵那市 大井町 某所にて〉

20191118-05305

| | コメント (0)

2019年11月 5日 (火)

ベルエキップ2019.10.14

ここ数ヶ月 精神的にも肉体的にも忙しくゆっくり美味しいフレンチを食べていなかったが、まだしばらく忙しいので、中休みとして、最高級の子羊とプレミアムフォアグラのフレンチを。

20191105-135039

続きを読む "ベルエキップ2019.10.14"

| | コメント (0)

三夕(さんせき) の和歌

恵那峡にて

  三夕(さんせき) の和歌

20191105-134430

 

続きを読む "三夕(さんせき) の和歌"

| | コメント (0)

白式部 紫式部

20191105-134202

白式部
 紫式部
   楚々として
    

  白き衣は誰のため
    紫衣は かの君か
 
 〈美濃国 恵那ごおり 三郷村にて〉

 

 

| | コメント (0)

5歳児のつぶやき。2019.10.20

秋は運動会シーズン、春も運動会があるけど、夏に運動会をすると暑い最中だからと問題になるのに、なぜ、東京オリンピックは梅雨明けした一番暑い時にやるのだろう。

暑さ対策なんかしても外で走り回るなんて狂気の沙汰だよね。
それで余分なお金がかかるし。

7月24日開会式で二週間

運動会ならバカ! と言われて、禁止されるよ。

頭も体温調節機能の落ちた年寄りが決めたのだろうね。
 きちんと脳の働く人にやってほしいな。

| | コメント (0)

寛次郎は寛次郎だな!


寛次郎は寛次郎だな!

20191105-133746
いつみても 寛次郎だ
変な陶工だ
なぜ好きか わからぬけれど ほっとする和み、
子供の時から好きだ

続きを読む "寛次郎は寛次郎だな!"

| | コメント (0)

生花2019年10月16日

10月中旬秋たけなわ、今日はどんな花材でしょう。
少し期待して行きました。
あれ!
秋っぽくないねなんかちょっと変わったものなんかちょっと苦手なもの

 

20191105-133047

続きを読む "生花2019年10月16日"

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »