« ガラクタがガラクタ整理をやっている | トップページ | 十割蕎麦 石山 2019.9.15 »

2019年10月 4日 (金)

ガラクタがガラクタ整理をやっている-②

ガラクタ周之介がガラクタを片付けている時に、ここは触らないはずだったのに ふと気になったウォークインクローゼットの洋服整理の続きです。

 

ファッションにはサイクルが有り20年の大きなサイクルや10年サイクルなどでまた廻ってきますから、その都度流行に合うものを出してはコーディネートして着ていました。

 

最近の店は昔と比べると素材がどんどん悪くなっているし、昔ほど楽しいデザインも減ってしまってつまらないものばかり。

景気が悪いというのもあるが、貧すれば鈍するでもあり、遊び心がなくなり、若者のファッション離れも多く、ファッション産業もどんどん衰退している。

  こうだから余計に残しておいたものをファッション傾向に合わせて着ることが多くなり、本当に買わなくなりました。

 

 

 楽しいファッションの衰退と、お金を使わなくて良くなったこと。

 

これは良いことなのだろうか。

夢のない世界へと進んでいる。

でも楽しくないものはファッションではないですよね!

 

…………………………………………

 

さて、私のウエア

   今持っているもので一番古い物はもう何十年も前の20歳の頃のツイードのチェスターコートや、イングランドタータンのジャケットその他、カシミヤのアーガイルセーター、スリムロングセーター、イタリアンボーダーTシャツ、バギーパンツなど シルエットも様々。

 

 

ファッションやウエアは第二の皮膚という位その人を表現し守るもの。どれも大切な私の分身。

 

何十年の間に様々な出会いがあり増えていった沢山のウエアー です。

 

全てクリーニングして保管していていつでも着られるし、時代遅れのようなものはあまりないと思うが、これらの中から、もうそろそろ着ないだろうと出してきたシャツが60着位、スーツ数点、パンツ、ジャケット、カット&ソー、セーターなど、これからはもう着ないかなっと思える物を出して、プラスチックの大きめの衣装ケースにギュウギュウに詰め込んでも、7台分あった。

総枚数200位かな?もっとかな?

 

購入価格は総額23百万円くらいかな?

 

(まあ購入価格などと思っても、昔のことですし、今は、ただも同然ですけどね)

 

何十年もの蓄積だが、いくらファッションに携わっていたにしても一介のサラリーマンの収入でこんなにも買ったものだ。だから貯金など無くて今は貧乏生活です。

 

そして また、よくもまあこんなに沢山しまっていたものだ。

 

これでも半分弱か。

 

----------------------

 

この何百の大切なウエア、捨てるわけにはいかない。

 

第二の人生としてどこかで生きていってほしい。

 

メルカリで売ろうかリサイクルショップに持って行こうかと思ったりもしましたが、それより誰かの役に立つ方法はと模索して、

ちょうど私の体型に近い方で、もしかしたら必要とされるだろうという方を思い出し、全てその方の所へ送りました。

この中から、気に入っていただけるものが何枚あるかわかりません。

ご自分で着れそうなものだけだけでも選んで着ていただければとても嬉しい。

後はバザールでも、リサイクルでも雑巾にでもして使っていただけたら良いと思います。

 

この子達の第二の人生、良いものであって欲しいと思います。

|

« ガラクタがガラクタ整理をやっている | トップページ | 十割蕎麦 石山 2019.9.15 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ガラクタがガラクタ整理をやっている | トップページ | 十割蕎麦 石山 2019.9.15 »