« 名古屋骨董祭 2019/9 −② | トップページ | 二つの黒茶碗 »

2019年9月17日 (火)

秋の味覚のサルナシとポーポー

ちょうど今頃、秋の味覚のサルナシとポーポーの出る頃ですが、ちょっと食べたいのと料理に使いたいので探しています。
栽培するものでも、どこでもあるというものでもないので、恵那・中津川で売っているところをご存知の方教えて頂けませんか。
また、採られた方、譲って頂けませんでしょうか。

猿梨

20190917-230032

 

 

 

 

ポポー

20190917-230042

 

…………………………………………

ポーポー又はポポーは北米原産の木で明治時代に洋館の庭に観賞用として日本に移植されたものです。当時日本各地で洋風建築を建てることが流行り、小さな町でもちょっとした洋風の庭にはそのお庭にポポーが似合うということで植えられました。
そのお陰で、当時お金持ちだった人の庭に忘れ去られて残っているものが多いようです。
味はマンゴーとバナナを足した様なトロピカルフルーツの味で濃厚な甘みがあります。美味しいのですが日持ちしないので商売にならなかった果物です。

小さな方は猿梨でキウィフルーツの仲間ですが、古来より日本の600m以上の涼しい山に自生していて、キウィフルーツを無毛にしてかなり小さくしたような緑色の2 - 3cm程度で、味はキウィフルーツにそっくりですが、酸味がなく、キウィより美味しいです。

|

« 名古屋骨董祭 2019/9 −② | トップページ | 二つの黒茶碗 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古屋骨董祭 2019/9 −② | トップページ | 二つの黒茶碗 »