« 清らかに咲く日本の固有種 | トップページ | 今年初の献血 »

2019年6月23日 (日)

6月は旧暦皐月 大自然の贈り物

6月は旧暦皐月

恵那の野山の

 今この時は
   満月に映える

     大自然の贈り物 



20190623-93759

この季節 風にそよぐ緑のもみじはとても美しい
その傍に金鶏菊
その下には 恵那の自然の野の幸

・養蚕の名残の木にたわわに実る
桑の実(マルベリー)
ほんの少し熟成醤油をかけて軽く煮て甘さの中にちょっぴり辛旨味をつけました。

・草の陰で静かに熟す蛇苺
無味ですがプツプツッっとした感触の心地良い苺は
メープルシロップをかけ優しい甘さです。

・恵那の春を絢爛に飾った桜花
その小さな子供達。桜ん坊というにはちょっと小さな甘くちょっぴりビターな味わいです。
器は桜に敬意を表して、色絵金彩鳳凰牡丹図小鉢
  鳳凰 牡丹を描いた吉祥の器で 、江戸期作のとても貴重な品です。


自然栽培人参の皐月
ただ切って 長時間湯がき、出てきた養分を全て人参に戻しただけですごく甘く優しい本当の人参の味です。

物語のある料理
「野の花料理・恵那の野山の 蕎麦懐石」
昨日は皐月の蕎麦懐石でした。

予約を中々お受け出来なくて申し訳ありません。
ビジネスでやるのではなく、ただ喜んで頂きたいという思いだけで行なっている蕎麦懐石。
美術品のある小さな部屋で、心安らかに談笑しながら八品ほどの料理をゆったりと四時間ほどかけて味わっていただける方だけの世界です。

ご注文をいただいてから野山に行き野山と相談しながらメニューを考えて作るので、月に2、3度しかできません。
予約と予約の合間にうまくタイミングが合いますと入れることもありますし、1ヶ月以上早めに予約頂けば可能な事もありますので、ご容赦くださいませ。

#物語のある料理
#野の花料理
#恵那
#野山
#蕎麦懐石
#十割蕎麦
#超粗挽き
#1日1組
#四名様限定
#貸切
#ミニギャラリー
#マクロビ
#ベジタリアン
#自然食

|

« 清らかに咲く日本の固有種 | トップページ | 今年初の献血 »

蕎麦懐石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 清らかに咲く日本の固有種 | トップページ | 今年初の献血 »