« 慶示の証 | トップページ | organic 醗酵レストラン 大豊軒 »

2019年1月 8日 (火)

カフェギャラリー カバノ

凍てつく寒さの日
お昼には青空が広がってきたが まだ寒い。

こういう日は温かいところでゆったりとランチを と、
恵那峡のフレンチ
café gallery Cabane(カバノ)へ

20190108_142316

席に着き

Img_3874

先ず ワインを一杯

 

Img_3877

Img_3878

本日のランチ

 

·前菜
北海道直送 真ダラと岐阜県産キノコ
中津川で採れたお野菜のアヒージヨ

Img_3880

·自家製パスタ
スタジオーニ小麦と岐阜県産小麦
三重県産ハリイカと
中津川産春キャベツのトマトパスタ

Img_3882

イカスミで黒いがトマトのグルタミン酸がしっかりと旨味を出しとても美味しい。

·メイン
美濃健豚の洋風つくね
地元のじやが芋ピューレ
中津川の洞田さんが作った白菜

 

Img_3886

美濃健豚の洋風つくねは、どう見てもハンバーグだが、なぜ「洋風つくね」という名前にされたのだろう?
どんな意味合いを持ってこれを作られたのだろう?っと思いながら、

食べてみるとハンバーグよりやや肌理が細かく優しい感じが、少しつくねっぽいが、このことかな?

美味しい、特に皮の周りが良い味だ、
この部分はジャガイモのピューレは付けないでいただいた。

一般的なハンバーグは人参などを使うが、これは生姜などを使いつくね風に仕上げてある。

脂っぽさ少なめの綺麗目の良い味だ。
これには生ワサビを乗せて頂くともっと合いそうだ。
白菜がとても甘くて美味しい。

 

·デザート

中津川深見さんのイチゴのスープ、
神坂佐藤さんのこだわり卵を使った自家製バニラアイス

Img_3888

新鮮な牛乳の泡 ムース
甘さ控えめのバニラアイスにイチゴの優しさがいい感じ。
隠れているところにフランス産のチョコが。

良いデセールだ。美味。

最後のお茶は、
僕のいつもの流れで エスプレッソをダブルで。

Img_3891

Img_3892

----------------------
ランチ2,3 0 0円
こんなにゆったりとして
美味しくて
こんなに安くて
良いのかなっと思ってしまう。

ご馳走さま。

----------------------

カバノは食材の生産者名をメニューにも入れ、説明にも加えておられるが、
食材を特に大切にされている事を感じる。

食材を大切に思い、その大切な食材の生産者に感謝しながら調理し料理する心こそ、美味い料理の心である。
生産者の方たちも自分の名前を呼ばれる食材にもっと誇りを持って作っていただけるようになる。

ただ単に作るのではなく、こういうところにこそ物語のある料理が生まれ、より一層美味しくなるのだ。

誇りを持った食材で
誇りを持って料理し
誇りを持って食べていただく。
これに勝るものは無い。

私も稚拙ながら、全ての食材に拘り誇りを持ち、わかる範囲内で全ての食材の生産者や産地を表し、感謝しながら料理しているが、彼らのお陰で腕が下手でも美味しくなってしまう。本当にありがたい。

カバノの様に、面倒でも食材を大切に思い自信を持って仕入れた生産者の説明などをされる所もある中で、
一流店や名の知れた店、地元の食の発展などを考えている方たちの会などで、お品書きになるべく生産者や地元の食材を載せたり説明して欲しいとお願いした時は、その時は地産地消や地元を大切にしたいなどと言われるが、中々進まない。

毎日が忙しく、小さなことと思われるかもしれぬが、
これこそ日本の国土、日本の農を守り、育てる大きな意義があるということを、これがやがて自分を助けてくれるということを思い、感じて欲しいと思います。

|

« 慶示の証 | トップページ | organic 醗酵レストラン 大豊軒 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カフェギャラリー カバノ:

« 慶示の証 | トップページ | organic 醗酵レストラン 大豊軒 »