« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月の11件の記事

2018年11月24日 (土)

霜月の蕎麦会席の九番目 お誕生日の方へ

恵那の野山の 蕎麦懐石は八種類のコースですが、
特別な記念やお誕生日の方へのささやかなプレゼントとして、もう一品加えさせていただきました。

九、デセール
  幻のトロピカル アイスクリーム  ジャパニーズキウイ添え

・・グラスは 1907年製オールド バカラ クリスタルシャンパングラス
  カトラリー 白蝶貝のナイフ・フォーク・スプーン

 

Img_2681

続きを読む "霜月の蕎麦会席の九番目 お誕生日の方へ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月18日 (日)

霜月の蕎麦会席の八番目 お抹茶と生菓子

懐石料理とは、茶の湯の席で茶を進める前に、温石(おんじゃく)を懐(ふところ)に抱いて腹を温めるのと同じ程度に、腹中を温め一時の空腹をしのぐものという簡単な手料理のことですが、
『恵那の野山の蕎麦懐石』は、ささやかですが、気持ちを温かく、心の寒さをも暖かくなっていただきたいと思いながらお出しするものでございます。

 
20181118_221820

続きを読む "霜月の蕎麦会席の八番目 お抹茶と生菓子"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霜月の蕎麦会席の六番目の料理

「恵那の野山の 蕎麦懐石」の六番目はメインディッシュです。

六、 究極の日本一超粗挽き十割熟成蕎麦
  ・丹波 立杭焼 鉄釉染分皿 
・蕎麦笊 周之介デザイン無限巴竹笊
・呉須蕎麦猪口 拙作

 

20181118_220812

続きを読む "霜月の蕎麦会席の六番目の料理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霜月の蕎麦会席の五番目の料理

今週の恵那の野山の 蕎麦懐石の五番目の料理

 
五、 Homage to Madame TANAKA(マダム・タナカへのオマージュ)  熟成させた蕎麦の実のフレンチロールキャベツ    
旧フランス領マダガスカル産の 野生のペッパー乗せ  自家製バルサミコソースあしらい           
・鉄砂飛びギャラクシーアメリカンカントリー風 大皿   イタリア十字軍をイメージした銀製フォーク・ナイフ
 
20181118_220306

続きを読む "霜月の蕎麦会席の五番目の料理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霜月の蕎麦懐石 四番目の料理

今週の「恵那の野山の 蕎麦懐石」の四番目

四、イタリアン・カーキ・ピッツォケリ タリアテッレ 

(地元 阿木産そばの 平打ち柿パスタ)     
 無農薬の岐阜県名産 冬柿と百目柿の共演
  ・白磁器に周之介手描きの刷毛目 スープ皿
   ・イタリア十字軍をイメージした銀製フォーク・ナイフ

 
20181118_215629

続きを読む "霜月の蕎麦懐石 四番目の料理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月13日 (火)

霜月の蕎麦懐石のおもてなし

「恵那の野山の 蕎麦懐石」は
     東美濃 恵那の里で
         地産地消 身土不二

お客様をお待ちしておもてなしするのは
  いつも
その季節の
   何気ない
     名もなき野の草花たち です。

7cca538b03104315a3c2991fd4cd9ab1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霜月の蕎麦懐石 三番目の料理

「恵那の野山の蕎麦懐石」は自然を大切にして地産地消、身土不二 安全安心食材の心も身体も健康になって頂きたい懐石料理ですが、
今週の懐石の三番目にお出しした料理
全てここから15km以内で採れたものばかりの素朴な料理です。
5b39f6656e654e18a080c85079cd2bbf


続きを読む "霜月の蕎麦懐石 三番目の料理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月12日 (月)

霜月の蕎麦懐石 二番目の料理

「恵那の野山の蕎麦懐石」は自然を大切にした心も身体も健康になって頂きたい懐石料理ですが、
今週の懐石で二番目にお出しした料理です。

8fc0ba101ba74431bf7d71b4015c4b83

 

続きを読む "霜月の蕎麦懐石 二番目の料理"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残光

夕紅を
飲み込み行くは
闇の口

閉じる先には
満天の星

52ea774288af436ea2ff9be0b03d70b0


| | コメント (0) | トラックバック (0)

懐かしい服

天高くいい風
ちょっとドライブして アウトレットへ。
2時間圏内でいけるアウトレットの竜王、長島、土岐の三ヶ所だが、
地域的に京大阪圏の竜王と名古屋圏の長島、岐阜圏の土岐では客層に合わせた品揃えをするので、同じブランドでもファッション感覚に微妙な差がある。
いちばんコンサバで、年齢が多少上気味であり、普段着感覚でスポーツが多いのが土岐。
手堅い名古屋に合わせて、ベーシックものがやや多い長島。
派手好みの京大阪を控えているので、デザインものがやや多い竜王という図式だ。
デザインもの中心に着ることが好きなので、竜王へ行こうと思ったが2.5時間かかる為、出発時間がちょっと遅く1.5時間でいける長島へ変更。

A0b40c9c07a241aab48d891fab69a5c7


続きを読む "懐かしい服"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月 8日 (木)

二十四節気の中の七十二候 山茶始開(つばきはじめてひらく)

11月7日は立冬
二十四節気の中の七十二候
立冬の初候にあたる『山茶始開(つばきはじめてひらく) 』です。

この「つばき」というのはツバキではなく、サザンカのこと。

 

Img_0107

続きを読む "二十四節気の中の七十二候 山茶始開(つばきはじめてひらく)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »