« 恵那峡の矢 | トップページ | 白い花咲く海 »

2018年9月29日 (土)

9月の肌寒い頃 蘇るテナーサックス

9月の肌寒い頃

  ふと

    よみがえる

 遠い日の

     思い出の

        あのメロディ

9月の肌寒い心に

  ふと

   口ずさむ

 遠い日に

    吹いた

       テナーサックス

 

   スローバラードの

      セプテンバーソング

 

Sax

‥‥‥‥‥‥‥‥

そう セプテンバーソングは1950年の、あの有名な映画 「旅愁」の主題歌です。

私が観たのはこの写真の高校生の頃。

もうフィルムが古くて映像に雨の降る映画でした。

セプテンバーソングのテナーサックスでの演奏を探したのですが残念ながら見つかりませんが、多くの歌手が歌っています。

フランク・シナトラも歌っていましたが、今回はもっとディープな声のジョニー・ハートマンでどうぞ。

https://www.youtube.com/watch?time_continue=231&v=gZ7kTSjSSVA

 “September Song

When I was a young man courting the girls

I played me a waiting game

If a maid refused me with tossing curls

Id let the old Earth make a couple of whirls

While I plied her with tears in lieu of pearls

And as time came around she came my way

As time came around, she came

[When you meet with the young girls early in the Spring

You court them in song and rhyme

They answer with words and a clover ring

But if you could examine the goods they bring

They have little to offer but the songs they sing

And the plentiful waste of time of day

A plentiful waste of time]

Oh, its a long, long time from May to December

But the days grow short when you reach September

When the autumn weather turns the leaves to flame

One hasnt got time for the waiting game

Oh, the days dwindle down to a precious few

September, November

And these few precious days Ill spend with you

These precious days Ill spend with you

女を口説いていた若い頃は

 待つのも楽しみだった

 そっぽを向かれフラれても

 時を過ぎるに任せていた

 真珠の代わりに涙を捧げていた

 時がたち想いはかなった

 時がたち彼女は僕のものに

5月から12月までは長い月日だけれど

 9月になると日々は短くなる

 秋の気配が木の葉を赤く燃え立たせる頃

 もう待つことを楽しむ時間はない

 残りの日々は少なく貴重なものになってゆく

9月から11月へと

 この大切な日々を君と共に過ごそう

 大切な日々を君と共に

 月日が流れワインは熟成してゆく

9月から11月へと

 この実り多き歳月を君と分かち合おう

 

 実り多き歳月を君と共に

|

« 恵那峡の矢 | トップページ | 白い花咲く海 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9月の肌寒い頃 蘇るテナーサックス:

« 恵那峡の矢 | トップページ | 白い花咲く海 »