« 手打ちそば 風和厘 恵那市山岡町 2018.8.4 | トップページ | ブラック珈琲を飲むためのコーヒーカップ »

2018年8月17日 (金)

はおと 涼のかぜ

打ち水の
  清しきすがた
      水よりも

 涼しき思い
       流れくる

 

Img_1112

多治見へ出かけたので 虎渓山の はおとさんへお邪魔して

虫養い(むしやしない)

 虫養いはお腹の虫をおさえる程度の軽いお食事のことですが、
僕の場合は昼食がわりにもなります。

到着したら、丁度打ち水をされていました。

 日本有数の暑さを誇る町ですが、 この風情は涼を呼んでくれます。

Img_1115

 

Img_1116

 

Img_1129

今日は珍しく他にお客様はなく、静かにギターソロをBGMに 

Img_1123

 

Img_1127

Img_1128

Img_1117
茗荷ご飯と玉露芽茶をいただきました。

 

Img_1124

茗荷ご飯

 

Img_1126
いいあんばいの
おいしさに

佃煮昆布が味を添え
濃厚で渋みも生きた甘いお茶
美味しい

甘納豆
蕗の砂糖漬
海苔ピリ大豆
どれも濃厚なお茶によく合う。

美味しいご飯とお茶を飲みながら、子供の頃の甦った思い出

   ……………………………………

ある昼さがり
ちょうど美味しいご飯が炊き上がった時
これを水でさらっと洗い
粘りを取りお茶碗へ、

いいお煎茶を水だしでじっくりと旨味を出してご飯にかける

横に氷を二片ほど

出来立ての素晴らしいお茶漬け

よくこんなことを考えたものだと、我ながら感動

お供は
老舗 小倉屋山本の最高級の美味しい塩ふき昆布えびすめを合わせました。

子供ながらに これは凄い!
あまりにも美味しくて
ルンルン🎵 極楽気分

本当に美味しかった!

頭を コツン

「そんな贅沢すぎることをするではない、この罰当たりが!」

一瞬の地獄
鬼の顔をした母。

痛かったけど 最高に美味しい世界一のお茶漬けでした。

‥‥‥‥‥‥‥‥

虫養い(むしやしない)
お腹の虫をおさえる程度の軽いお食事のこと

|

« 手打ちそば 風和厘 恵那市山岡町 2018.8.4 | トップページ | ブラック珈琲を飲むためのコーヒーカップ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はおと 涼のかぜ:

« 手打ちそば 風和厘 恵那市山岡町 2018.8.4 | トップページ | ブラック珈琲を飲むためのコーヒーカップ »