« 駒ケ根シルクミュージアム 2018.8.5 | トップページ | はおと 涼のかぜ »

2018年8月14日 (火)

手打ちそば 風和厘 恵那市山岡町 2018.8.4

時間を見つけては全国のこだわりの手打蕎麦屋さんをさがし、もう300軒以上訪問していますが、

今回は珍しく、地元でいいお店を 見つけました。

こちらのお店のネットでの能書では

『こだわりはお客さまのために!なによりも、うまい蕎麦を!

お蕎麦ほど、お客さまそれぞれに一家言お持ちの食べ物も少ないのではないでしょうか?

そば粉の産地にこだわる。自家製粉にこだわる。打ち方にこだわる。水にこだわる。などなど。

私たちがこだわるのは「食べておいしいおそば」です。

「餅は餅屋」のことわざにもあるように、「信頼できる製粉会社から最高品質のそば粉をリアルタイムに仕入れます。

出汁も毎朝、売り切れ覚悟で必要なぶんだけとりあげます。

丁寧に誠実に、「正直正平」をコンセプトに心からのおもてなし。そのすべてを整えて「うまい蕎麦」を目指します。』

こう書いてあり、さあ、どのような蕎麦が食べられるだろうかと楽しみに訪問してきました。

Img_0959

Img_0948 

今年20183月オープンしたばかり 

家から車で20分程

所々田畑 人家が点在する山の中にありました。

Img_0949

外観は軽い喫茶店のようで、明るい店内

 

Img_0954

Img_1170

カウンター7

テーブル2   8

合計15

 長年の蕎麦屋探しで発見した法則ですが、「旨い酒を揃えている蕎麦屋はまず外れがない。」

当然といえば当然な話でどちらも味の世界、旨いものを作る者は旨い物を置く。

これは蕎麦屋に限ったことではなく飲食店共通のこと。これの出来ていない店は本物ではない。

メニューを開くと

 あれ? お酒がない  なぜ? 

         (笑)お酒で評価が出来ないね

Img_0950

後で聞いたら、山の中でお昼だけ営業 車で来られるお客様ばかりなので、置いてないとのことでした。 

そば粉を尋ねたら

信州八ヶ岳産だといわれたので、T製粉会社かとたずねたらそうだとおっしゃった。

その製粉会社は10種類以上の高級な良い蕎麦を販売していて、かつて私はその全てを購入して打ったことがありますが、どれもそれぞれ良い特徴がありいい蕎麦です。

その中で風和厘さんが選ばれていたのは 銘柄「 T」というそば粉でした。

「T」は

電動石臼で玄ソバを大きさ別に6種類に分け丸抜きし、摩擦熱が低く、柔らかなそば粉になる蟻巣石で毎分18回転挽き。

60メッシュの細かな粒子でやや白っぽいきれいな色。

かつて私も蓼科は2度ばかり購入して計20人前ほど二八と十割で打ったことがあるが、

肌理の細かい雑味の少ない やさしい旨味の上品な味わいの蕎麦である。

なるほど、「T」というそば粉なら やさしい味だから、風和厘さんの考えに沿ったそば粉だろうと思いました。

さて、出された蕎麦は、

 

Img_0951


二八蕎麦で、細打ちのきれいな蕎麦

 

Img_0953

「T」らしく色も白っぽくやさしく、雑味のないあっさりとした蕎麦

蕎麦つゆは 関西風で少し甘め

これもきれいな味だ。

「T」の優しい雰囲気にとてもよく合うつゆです。

このつゆなら、もっと細打ちでもいい感じで合いそうですね。

天ぷら

海老2

カボチャ

蕎麦ずし

天ぷら粉もさらっとして、癖のない食べやすい、やさしい天ぷらです。

お塩で食べるようになっているが、あの関西風の蕎麦つゆによく合いそうな天ぷらです。

つゆにつけて食べたいが、蕎麦猪口ひとつだけ。

 その蕎麦つゆに付けてしまうと、天ぷらの油が入り、蕎麦を食べる時に油が邪魔だ。

もう少し主張する蕎麦ならばこれ位の油でも問題ないだろうが、優しい蕎麦なので、つけたくない。

天ぷらに少しつゆを垂らして食べたが、やはりよく合う。

天つゆが別についていればもっとうれしいなっと思いました。

蕎麦湯は別制のトロトロではなく普通の蕎麦湯

蕎麦も蕎麦つゆも天ぷらも関西の京都の味が感じられるやさしいきれい目な味わいで、

岐阜や愛知、長野などでは遭遇しない関西風のいい味でした。

亭主は京都に40年程おられたということなので、そうなのでしょう。

近くにいいお店ができて

食後のデザートは

車で直ぐの古民家カフェ「パン喫茶ほやら」へ行き、

ゆったりとした和空間でやさしい扇風機の風とボサノバを占有して聴きながら

ブランマンジェとアイスコーヒーをいただきました。

…………………………………………

営業 金土日月の11:0015:00
定休 火水木 予約不可
15:00までの入店でお食事可能です
11日~228日は冬期休業

 

509-7606 恵那市山岡町田代657-1

TEL/FAX0573-32-1602

メール:west240fuwari@gmail.com

|

« 駒ケ根シルクミュージアム 2018.8.5 | トップページ | はおと 涼のかぜ »

蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 手打ちそば 風和厘 恵那市山岡町 2018.8.4:

« 駒ケ根シルクミュージアム 2018.8.5 | トップページ | はおと 涼のかぜ »