« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月の15件の記事

2018年7月29日 (日)

はおと

20180729_130859
 無音の空間
 
   苔の涼しさ
20180729_130917 
 

続きを読む "はおと"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どんな暑い日でもボール遊び

どんな暑い日でもボール遊び大好き

 

20180729_130456

続きを読む "どんな暑い日でもボール遊び"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あそび雲

あそび雲
  映して静か
      水鏡

 

20180729_125933
恵那峡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファッション、肌でも感じる良さがあってこそのファッションです。

懐かしいもの発見。

今年のあるショップの夏物セールで見つけた
遠い昔のノスタルジー

またあの頃の懐かしい素材が出てきている。

 

20180729_123349

続きを読む "ファッション、肌でも感じる良さがあってこそのファッションです。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紫野和久伝 むしやしない処でお茶を

一服の
涼を求めて
お抹茶を

 

20180729_122603

ミッドランドスクエアの
「紫野和久伝 むしやしない処」で、ちょっと一服しました。

 


続きを読む "紫野和久伝 むしやしない処でお茶を"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文月の生花

文月の由来は、7月7日の七夕に詩歌を献じたりするところからも来ているが、
手紙が恋する涙で濡れるのは風情があっていいものだが、
今年のあまりの暑さでは文を書いても汗で滲みそうだ。

さて、今日与えられた花材 四種

ニューサイラン
ヒマワリ
ハイブリッドスターチス
アカドラセナ

 

20180729_122105

続きを読む "文月の生花"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流政之 豪放磊落だが繊細機微

流政之(ながれまさゆき)
  豪放磊落だが繊細機微


またおもしろい漢が逝ってしまった。

私よりもそうとう年上の方で、失礼な言い方だが、こういう言い方の方がふさわしいと思う。

Img_8316

続きを読む "流政之 豪放磊落だが繊細機微"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月22日 (日)

「明治工芸から現代アートへ驚異の超絶技巧!」展 岐阜県現代陶芸美術館

20180722_134428

続きを読む "「明治工芸から現代アートへ驚異の超絶技巧!」展 岐阜県現代陶芸美術館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月21日 (土)

ベルエキップ 2018.7.7

美味しいフレンチが食べたくて、ベルエキップに前夜電話、様々料理の話で盛り上がり長電話。翌日18:30予約をした


Bc8a80119eb1488592479b766636a9ff


続きを読む "ベルエキップ 2018.7.7"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月18日 (水)

十割手打ちそば 美蕎(BIKYO)  豊島区東池袋 2018.6.29

兄嫁と姪、弟の公之介と四名で訪問

 

20180718_160826

公之介は飛行機の時間もあるので事前に

お昼のコースを予約してタクシーで店に11:20到着 少し待ってB1へ案内され、

一番奥の席へ通され着席

続きを読む "十割手打ちそば 美蕎(BIKYO)  豊島区東池袋 2018.6.29"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月17日 (火)

ニコのファミリー

雨降り続き どこにも行けないから、盛夏用に短髪にヘアカットしてきました。

まだちょっと緊張気味です。

一番小さなお母さんのニコが最前面にレミ ルネ マメ 総揃いです。
カットしてみると皆僕の様に細かったよ。

 

20180717_05145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月11日 (水)

山種美術館

酒井抱一の没後190年、および鈴木基一の没後160年
琳派から現代という特別展を観に、山種美術館へ行ってきました。
B8b6d7f20a9740cf9e1cd5c80ad215a3


15f73f204b704fe694d93e0879b72032


9b0e6f25b48249d4bf06e3dcb48ce9a1

続きを読む "山種美術館"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 7日 (土)

魂のない鱧の湯引き

季節毎に様々美味しい食材が出てくるとてもありがたい国 日本。

 風や気候の変化などで季節を感じると体が覚えているのでしょう

その季節の料理がふと食べたくなります。

 先回の蓴菜(じゅんさい)に続く季節のもの

 梅雨に入り暑さを感じさせる丁度  自分、どうしても食べたくなるものがあります。

それは、梅雨の水を飲んで美味しくなると言われ、

梅雨に入り、産卵を前にした今が最もおいしいと言われる「鱧」です。

 

Img_0385

続きを読む "魂のない鱧の湯引き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

メゾン・ド・ジャルダン +愚浄山房 京料理とフレンチの饗宴

京料理とフレンチの饗宴

0a6f21340038452a841fd2ad9b3f85ca

恵那市の「メゾン・ド・ジャルダン」+郡上八幡 料亭「愚浄山房」

料理は愚浄山房とジャルダンが交互に出るスタイルで、以前と同じ流れ。
今年で3回目

5d9aeaef1e3041e487b300aa1296f0fd

続きを読む "メゾン・ド・ジャルダン +愚浄山房 京料理とフレンチの饗宴"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月 3日 (火)

あまりの暑さに‥‥‥

0008cd398e4240cf89dc5ea049bff58b


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »