« 今週の生花 | トップページ | 坂折棚田  田の神祭り »

2018年6月 5日 (火)

花の色はうつりにけりないたずらに

里の藤は終わり、深山まで行かねば見れなくなりました。
ヤマツツジも満開を過ぎて次の花へと移行途中
皐月が咲き始め、ズイナやヒトツバタゴの白い花が今は満開。

道端には、白や薄いピンクのハルジオン、黄色い金鷄菊が風にそよいでいます。
足下には 濃い紫のすみれ

一部の場所でもう月見草が咲いていました。(いくらなんでも早すぎる。)

20180605_222350

今年の野山は天候不順で咲く花の早さも順番も相当変わっています
桜と梅が一緒に咲いたり、
なぜか咲き急いでいる様ですが、天変地異でもあるのでしょうか、

これも人類が地球をいじめているためでしょうか。

周之介の「恵那の野山の 蕎麦懐石」は「今の野の花」を目でも口でも楽しんでいただいていますが、これだけ不自然だと「今」の表現がとても大変。

毎日のように野山へ出かけねばなりません。

それもまた自然が与えてくださった事、
少しでも「今」を感じていただけるようお料理をお作りします。

|

« 今週の生花 | トップページ | 坂折棚田  田の神祭り »

恵那・岐阜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花の色はうつりにけりないたずらに:

« 今週の生花 | トップページ | 坂折棚田  田の神祭り »