« 手織物のわかりやすい技法書 | トップページ | 山笑ふ »

2018年5月 5日 (土)

「私の好きな民芸」全9回第5回「鳥取 焼き物」

NHK Eテレ 趣味 どき!9:30〜55の25分の番組
今やっているのは9回シリーズで

「私の好きな民芸」全9回の 第5回「鳥取 焼き物」



緑と黒の斬新な染分皿。民芸の器の中でも、とりわけ印象的なデザインのこの焼き物は、昭和6年鳥取の開業医・吉田璋也のプロデュース。
その流れをくみ、きれいな発色を追求し手作りの釉薬で作陶する坂本章さん。また吉田の文化的な暮らしぶりに憧れ、英国人陶芸家バーナード・リーチから直接指導を受け、焼き物の道に進んだ山本教行さん。その丁寧な手仕事を平松洋子、知花くららが探訪。緑黒白の染分皿に合うおしゃれなサラダも!

今日5月1日(火) 再放送が11:30〜11:55まであったが、見逃してしまった。
再々放送が明日と明後日総合テレビ10:15〜40
見なければ。

今回の5回は鳥取県の焼き物(岩井窯、因州・中井窯ほか)

第6回は島根県/焼き物(出西窯・湯町窯ほか)

そして
第7回
沖縄Ⅰ/喜如嘉の芭蕉布
第8回
沖縄Ⅱ/読谷山焼・琉球ガラス

この全てが私が生まれてから身近にあり実際に使ってなんらかの影響を受けたものばかり。

今でも中井窯や出西、湯町の器は使っているし、写真の緑と黒の吉田璋也さんプロデュースの牛の戸は私の「恵那の野山の 蕎麦懐石」ではポピュラー。大皿は同じものだし、その他様々ある。
第7回の芭蕉布の涼しさ
第8回の沖縄 読谷山焼は那覇市内に何百年も前からあった壺屋焼の影響と濱田庄司など民芸の影響を受けたものだが、かつて壺屋に二泊して巨頭の小橋川永仁氏にお世話になったとても大切な窯だ。

どこもかつて訪ねた所だが、この番組は、どれも見逃さず見るようにしたい。

‥‥‥‥‥‥‥‥

NHK Eテレ 趣味 どき!
「私の好きな民芸」
午前9:30〜55の25分の番組
再放送がEテレ午前 11:30〜11:55まであったが、見逃してしまった。
再々放送が総合テレビ午前 10:15〜40

http://www.nhk.or.jp/syumidoki/syumidoki-tue/index.html

|

« 手織物のわかりやすい技法書 | トップページ | 山笑ふ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「私の好きな民芸」全9回第5回「鳥取 焼き物」:

« 手織物のわかりやすい技法書 | トップページ | 山笑ふ »