« 山笑ふ | トップページ | 違和感のある派手な花 花桃 »

2018年5月15日 (火)

『モネ それからの100年』  名古屋市美術館

モネが睡蓮を書き始めてから約100年

モネの睡蓮とそれからのインスピレーション 影響などを受けた現代アートの展覧会

 

20180515_133954

 
20180515_134024

今回出品されているモネの絵の一部はそれほどでもないものも数点あったが、睡蓮は以前に何度も素晴らしい作品を見ているのでそちらも思い浮かべながら観ました。

モネの睡蓮とそれに影響されて作られた作品や、この展覧会用に作られた現代アートの絵、版画、写真、映像などが出されていたが、そのチョイスがとてもうまく構成されていてとてもレベルが高く、とても楽しめる。

キュレーター 学芸員のセンスが良いね。

又、各作品ごとに子供向けの説明が表示されていて、これはすごく共感もてる。
こういう良い表示はどの美術館も是非行って欲しいと思います。

特に我が街の美術館には率先してやってほしい。
若年層をいかにファンとするかによって、今後50年の未来が開ける。

名古屋市美術館
2018/4/25〜7/1

|

« 山笑ふ | トップページ | 違和感のある派手な花 花桃 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『モネ それからの100年』  名古屋市美術館:

« 山笑ふ | トップページ | 違和感のある派手な花 花桃 »