« 民芸の日本 〜柳宗悦と「手仕事の日本」を旅する〜』2018/2/25 | トップページ | 「木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界」 »

2018年2月26日 (月)

オーガニック生チョコ作り

「恵那の野山の 蕎麦懐石」は、マクロビに準じ、更に動物性の食材を使わないベジタリアンの方でも食べられる料理ですが、今回オーガニック生チョコ作りの講座があり、デセールに使えるかなっと思い、行ってきました。

 
20180226_131504

材料は
ココナッツミルク
ドライデーツ(ナツメヤシ)
ココアパウダー
(カカオマスからカカオバターを絞ったピュア)
自然塩 少々

材料は これだけです。

動物性のバターなどは使いません
甘みはドライデーツの甘さだけ、
デーツは思った以上に甘い味でびっくり。
お塩少々でしたが、最初に言われた量より2倍ほど入れました。
この方が味が締まるからです。

デーツを細切れにしてココナッツミルクを加えフードプロセッサーで粉砕し
鍋に入れ、ココアパウダーを加え焦げないように弱火にかけながらテカリが出るまで混ぜていき、

 

20180226_131516

 

型に入れて冷蔵庫。
固まってから取り出して、切ってココアパウダーをまぶして出来上がり。

 

20180226_131532
試食
デーツの甘みは強すぎず弱すぎず良いバランス。
バターなど動物性のものを使っていないのでサラッとカカオの味が生きている。
これは予想以上。とても素晴らしい味にできています。

良い原材料の
ピュアのカカオパウダーと純なココナッツミルクに、隠れた良い感じの味を出すデーツのパワー

とても美味しい。
これは一流店にも劣らない素晴らしい生チョコでした。

良い食材はそれ自体がパワーを持っているから、人間が余分なことをしなくても美味しくなってしまうんです。
これも私の料理の基本。

これならこの味なら、蕎麦会席のデセールで 何か恵那の野山の素敵なフルーツや木の実と一緒に少しだけ溶かして出しても良さそう。

更に 5日ほど置くと落ち着いたもっと良い味になるそうです。

この食材とバランスを考え、丁寧に教えてくださった鈴木先生に感謝です。

|

« 民芸の日本 〜柳宗悦と「手仕事の日本」を旅する〜』2018/2/25 | トップページ | 「木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーガニック生チョコ作り:

« 民芸の日本 〜柳宗悦と「手仕事の日本」を旅する〜』2018/2/25 | トップページ | 「木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界」 »