« 冬の午後 湯気の揺らぎ | トップページ | 如月の生花 2018/02/21 »

2018年2月23日 (金)

ベルエキップ スペシャル・ベジタブル・ディナー 2018.2.21

 外装にも内装にもあまり拘らない小さな見過ごしてしまいそうな店ですが、

お肉やフォアグラなどは最高級品を使い、ソースなども特に美味しく、東京の一流店にも負けない拘りのお店です。

Img_7133

フランス料理は肉をメインに魚などを使った料理です。

 そして、もう一つフランス料理とはソースの旨みで食べる料理でもあります。

フランス料理でなければ肉や魚を使わない料理も大丈夫でしょうが、

メインの肉や魚を使わないフランス料理など考えられない世界です。

しかし、

 林シェフの感覚の鋭さなら十分美味しいものを作っていただけるだろうと、

肉やフォアグラなど特に拘り厳選された一流品を使うシェフに、あえてお肉やお魚を 使わない野菜のコースという、シェフにはちょっと意地悪なお願いをしました。

最初は承諾を頂けなかったのですが、数日後、予約から数日の期間を持てば大丈夫と、良いお返事を頂きました。

いつもメニュー表とはちょっと違うものをお願いしているので、料理内容については口頭で話されるので、いつもスマホには名前が書き逃しです。

さて、アミューズ(一口のお楽しみ)

 

 最初の一口は  とても可愛い春を感じさせるプティシューです。

Img_7134

トマトのプティシューに菜の花のペーストを乗せたもの

トマトをどんどん煮詰めていくととても芳醇な旨味が出てきますが、

更に三日ほど煮詰めたとても甘く芳醇なその旨味溢れたペーストを生地がサクッと噛んだところに溢れてきます。

 菜の花の春を感じさせる青みの味感と共に 美味しい。

世界中どこにもない 春を感じさせる 貴婦人の一口のおたのしみでした。

次もこれもトマトですが、全く違う味わい

Img_7135

トマトの湯むきした柔らかさ甘さ

やや甘みのあるバターソース

ぶどうとビネガーがマリアージュして素晴らしく美味しく

とても表現できない美味しさのソース

温泉卵に

トリュフの香りと味が広がるソース

 

Img_7136 

Img_7137 

Img_7138 きれいな味の茶碗蒸しのようなたまご、

これにエビと水だけで出したソースを掛けます

Img_7140

エビと水だけで出したソース

それだけで濃厚なとても旨味のあるソース

これは美味しい。

 

温かいサラダ

Img_7142 Img_7143

Img_7144 Img_7145

Img_7143_2

Img_7144_2

あさりと何かを使ったソース

これがまた美味しい

これとパスタとデセールだけでも十分楽しめるすばらしい食事ともなるでしょう。

バターとブイヨンを使わない

スペシャリテスープ

バターを使わない玉蜀黍の綺麗な甘さの美味しいスープ

メインディッシュ

キノコのステーキ

 

Img_7145_2

 
20180223_154832 
Img_7147

しめじなめ茸舞茸

を塩茹でした汁を煮詰めて作ったソース

これがまた とても良い味 熱々のご飯に載せたら最高だろうと思わせる。

デセール

茄子のフォンダンショコラ

 

Img_7148

ナイフスプーンを入れると熱いショコラがトローリと流れ

濃厚でまったりとしたショコラ


とてもいい味だ

素晴らしい。

皮の部分がまた美味しい。

作ることは不可能だが、皮の部分だけをミルフィーユ状にして食べたいとも思った。

最後は誕生日の娘のために

 

Img_7149

柑橘系の味のフワフワ綿菓子

この綿菓子だけでも酸味が効いて美味しい

サツマイモの旨味がまた十分出て美味しい

紅茶 コーヒーを頂きましたがこちらは普通のもの

とても美味しくいただきました。

特別にむつかしいお料理をお願いしましたが、見事以上に答えてくれました。

最高のおもてなし料理となりました。

 

旨さへの欲望は際限ありません、

さて、次回は更に美味しい物をまたお願いします。

…………………………………………

料理だけでしたらドレスアップして食べたいと思わせる素晴らしさですが、

お店は外から見ると田舎の喫茶店の様ですし、店内も地味な造りで雰囲気はとてもカジュアル。

食事だけを最高に楽しんでいただくお誘いは出来ますが、ドレスアップした方を招待するには相手がビックリされてしまうのでちょっと二の足を踏んでしまいます。

このギャップがおもしろいのですが、ここまで料理が美味しいと、

全体感の統一もそろそろ考えていく頃かと思います。

ただ、私としては、今のままの方がグルメな いい客が気がつかないので、あまり満席にならなくてありがたいのですが。

 

…………………………………………

ベルエキップ

 岐阜県瑞浪市薬師町2-55-1

       TEL0572-68-2361

|

« 冬の午後 湯気の揺らぎ | トップページ | 如月の生花 2018/02/21 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ベルエキップ スペシャル・ベジタブル・ディナー 2018.2.21:

« 冬の午後 湯気の揺らぎ | トップページ | 如月の生花 2018/02/21 »