« 手打そば まきの 名古屋市昭和区 2018/1/20 | トップページ | ナゴヤキャッスル2018/2/10 »

2018年2月 7日 (水)

三心 春日井市 2018/1/27

蕎麦の三心

数年前から美味しいと聞こえてきた店 だが、行く機会を逃しており、今回ようやく伺えた。

名古屋で蕎麦屋を育てた沙羅饗 服部氏系のお店だ。

最近移転されてコンクリート打ちっ放しのモダンな建物。

12時前に着いた、駐車場は10台分以上あったが、ほぼ満車状態。

Img_6138
 
暖簾をくぐると長い通路 横にはベンチ よほど混むのだろう。
Img_6140 
Img_6141 
Img_6147
Img_6160
 店内もカウンター以外は埋まっており、カウンターへ案内された。

カウンター好きの私には好都合である。

それほど広くない店内だが、従業員は5名ほどいて厨房も忙しそうだ、繁盛店なのがわかる。

これは期待できそうだ。

が皆愛想が良くキビキビと動いている。

お品書きを拝見。

 

酒通としてはやはり気になるので、

まずお酒のメニューを見てみる。

 

Img_6146

 

メニューの日本酒は四種類だけだが、

珍しく鄙願(ひがん)があった。

昨夜うまい酒がありちょっと飲み過ぎていて蕎麦屋酒はやめようと思っていたが、

珍しく鄙願!

飲もう。

新潟県村上の大洋酒造の大吟醸鄙願。

越後杜氏新潟の酒はきれいで辛口なものが多いが、味に幅がなくつまらないので普段はあまり 飲まない酒だが、鄙願は 新潟の酒では数少ないお気に入りの酒。

 辛口のキリッとサラッとした中に綺麗な旨みもあり 拘りの良い酒だ。

 

これを飲む為に肴を注文

Img_6142

Img_6144

 鄙願 グラス1280

引き上げゆば520

「三心といえばそば豆腐」と書いてあるそば豆腐500

クリームチーズの味噌漬け500

 

生湯葉 写真がぼけてしまった。

 味は可もなく不可もなく

Img_6149

そば豆腐

トロッとした濃厚な味。 美味い。

濃厚な豆乳にそば粉を入れて上手く作ってある。濃厚な甘い豆乳本来の味にそば粉がうまく絡まっている、これは良い。

生湯葉の出る幕がない。

なるほど「三心といえばそば豆腐」と書くはずだ。

Img_6150

Img_6151

クリームチーズの味噌漬け

 

Img_6152

クリームチーズに味噌を塗って焼いた感じ。

元々味噌とチーズは発酵食品で相性は良いのだが、焼くことにより更にうまくマリアージュしている。

キリッと綺麗な鄙願によく合う。

蕎麦

Img_6153

 
Img_6154

江戸の並蕎麦の基本、23本くらいの細めの太さで綺麗な切り方。

蕎麦粉の粒子は40メッシュ位に感じたので、主人に尋ねたら、28メッシュ位を一度通すが臼の目立てを長い間やっていないと言われた。

それで納得。

臼は使っているうちに溝がすり減って消えていくがそういう臼だと粒子は細かくなる

メッシュは粒子が細かければ通ってしまうのであまり関係なくなり、結果 40位のメッシュのようになったのだろう。

北海道と岩手少々の二八蕎麦

二八にしては蕎麦の味がちゃんと出ている

いい蕎麦でした。

 

辛味大根蕎麦

Img_6156

Img_6157

辛味大根蕎麦も同じ蕎麦

大根が良いね。おいしい。

蕎麦の三心

愛知県春日井市六軒屋町5-39


0568-56-6877


予約・お問い合わせ

予約可否

交通手段

春日井駅(JR)から1,881m

営業時間

11:3014:30 17:3022:00

定休日

水曜日

|

« 手打そば まきの 名古屋市昭和区 2018/1/20 | トップページ | ナゴヤキャッスル2018/2/10 »

蕎麦屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三心 春日井市 2018/1/27:

« 手打そば まきの 名古屋市昭和区 2018/1/20 | トップページ | ナゴヤキャッスル2018/2/10 »