« 鳥取たくみ割烹 記憶の扉の奥にあったお話 | トップページ | 日登美美術館 »

2018年1月 8日 (月)

2018年正月二日 初仕事

これからの人生を思いながら

土を捏ね手びねりで

「お餅のように柔らかく
キリッと鋭い刃(やいば)のように活きたい」

と、思いながら
御抹茶碗とぐい呑を各一客ひねりました。

Img_5385

 正月五日、

表面の水分が抜けて白くなった乾燥途中です

素焼きをした後は、
釉薬をかけ、
後は火の神様に大部分お任せです

さあ火の神様はどのように現せてくださるでしょう。

Img_5386
 
Img_5391
Img_5388
 
Img_5392
Img_5395

|

« 鳥取たくみ割烹 記憶の扉の奥にあったお話 | トップページ | 日登美美術館 »

作陶」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年正月二日 初仕事:

« 鳥取たくみ割烹 記憶の扉の奥にあったお話 | トップページ | 日登美美術館 »