« 虎渓山 はおと | トップページ | 拙作花器 lotus 蓮華 »

2017年12月31日 (日)

カフェ・ギャラリー・カバノ サイレント  クリスマス・ディナー

おいしさと
静かに 時間が
過ぎていく

窓の外に
粉雪が舞えばいいなっと
ささやかな期待をしながら

サイレント
クリスマス・ディナー

Img_4925

…………………

 

Img_4926 

Img_4927

白ワインをいただきながら

●奥美濃古地鶏と飛騨牛のコンソメゼリー
中津川産長人参のムース函館直送バフンウ二(赤)

 

Img_4929 

Img_4930

美味しいものと美味しいものと美味しいものを加えると、余る美味しくない事が多いが、これはいいバランスで 旨い。

●噴火湾沖で捕れた秋鮭(龍銀)のマリネのたたき

 

Img_4931
キヤビア(セベルーガ)
カリフラワーのクーリー

 

Img_4932

いい味だ。
鮭の味が前に出てキャビアがちょっと弱いがこれがサブに回ってうまさを出している。キャビアをサブの味にする贅沢な使い方。
鮭は少し炙ってあるがガスで直接炙った独特の味が感じられる

●北海道産アンコウのロースト

 その肝のソース

カブのピユーレ 白ワインソース

Img_4933

 

Img_4934

 

●ブルガリア産ルージェの冷たいフオアグラのテリーヌ
伊那の市田柿の干し柿
ヨーグルトのソース

 

Img_4935

美味い。
干し柿の中にフォアグラが入っている。
結構レベルの良い美味しいフォアグラ

フォアグラに蜂蜜はよく合うが、
干し柿を使って干し柿の甘みを十分に生かしきった、凄い組み合わせ、とても素晴らしい。

 

●函館直送 真鱈の白子のムニエル
坂本のほうれん草のソテー
焦しバターのソース

 

Img_4936 

Img_4937

ソースを塩分辛めにしてあり、白子の柔らかい甘さにうまく合わせてある。

ここで飲み物は 白から赤ワインに変えて

●愛知県産奥三河の鳳米和牛のほほ肉のシチュー
レツドムーンのピユーレ イヤシロチのベビーリーフ

 

Img_4938

トロトロの頬肉
トローリ トローリ
ソースとのバランスがとても良い。
全体的な旨味
肉を美味しく食べようと思うと単独の方が美味しいだろうが、これは肉の旨味を十分引き出しながら肉も美味しく全体でうまさを引き出している。 いい味だ。

 

●恵那産上矢作で獲れた猪ロースのロティ
中津川産牛芳のピューレソースマデラ

Img_4939

 
Img_4940

柔らかな猪ロースに マデラ酒をうまく使っている。

飲み物は 白ワインから始めて お肉に変わる頃赤ワインに変え、美味しい料理に合わせて今晩も沢山飲みました。

 

デセール
●中津川産いちご(紅ほっべ)
フランス産カオカ社の有機ホワイトチヨコレートのアイスクリーム

Img_4941  


柔らかな滑らかさ

●長野県産ラ·フランスのコンポート フランス産カオカ社の有機チヨコレートのビスキュイ

 

Img_4946

ラ・フランスの形  茎の曲がり具合、焼印の線
まるでバーナード・リーチの世界。

リーチっぽいちょっと優しくチャーミングな陶芸の世界のようだ。

美味しくて、造形的にも素晴らしい。

全体のイメージはお魚を増やし、小さな料理と 微妙な味付けで和食を感じさせる素晴らしいフレンチでした。

料理の勉強は少々無理をしてでも、
何よりもレベルが高く美味しいお店に行き、その味 食材の使い方、セッティング などを直接食べながら覚える事が大切。
今迄もそうでしたが、来年も何とか頑張ってもっと勉強する為にいい店に行こうと思います。

今晩も又 様々 料理のヒントや勉強もさせていただきました。

とてもうまく食材を生かした
美味しいお料理と
豊かな時間

メリークリスマス

………
cafe & gallery
Cabane & Digue(restaurant)

|

« 虎渓山 はおと | トップページ | 拙作花器 lotus 蓮華 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カフェ・ギャラリー・カバノ サイレント  クリスマス・ディナー:

« 虎渓山 はおと | トップページ | 拙作花器 lotus 蓮華 »