« 桜恋い | トップページ | 新井淳一氏の布 »

2017年4月 8日 (土)

早春の若葉のような蕎麦

20170408_12303

 

 

桜の開花を今か今かと待っている今日この頃ですが、
日々刻々と変化し続ける
山の新緑
まだ かよわく淡い緑
萌葱色
若草色
青竹色
鶯色などの
幾百幾千のみどり

花より緑を一番たのしめる時期です。

早春の若葉のような蕎麦

ようやく春の風を感じ始めた頃
美しい緑を思いながらお造りしました。

早春から初夏にかけての山は淡い緑から始まり 徐々に数千の様々な緑が現れ 夏の深緑へと変化していきます。

木の葉はよく見ますと濃い緑の表と、裏側はやや薄くなっています。
この木の葉と同じように表裏の緑を変えた不思議な蕎麦

春の山菜のようにやさしい苦味と甘さを持ったお蕎麦。
この時期に一番春を感じていただきたく。
『恵那の野山の 蕎麦懐石』でお出ししています。

|

« 桜恋い | トップページ | 新井淳一氏の布 »

蕎麦懐石」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513695/65121401

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の若葉のような蕎麦:

« 桜恋い | トップページ | 新井淳一氏の布 »