« 暮れなずむ恵那峡 | トップページ | ロゴを消した  ラルフローレン »

2017年2月 2日 (木)

「図変り」大皿の世界 岐阜県現代陶芸美術館

「図変り」大皿の世界
   伊万里 染付の美を岐阜県現代陶芸美術館で見てきました。

大皿とは一尺(30.3cm)以上の物を言いますが、大皿に料理を盛るとそれだけで素晴らしい料理になり、大皿を部屋に飾るとまるで別の世界のような感じにもなるので活用しています。
私は焼き物は磁器よりも温かみのある陶器の方を中心に集めたり見ていますが、今回は磁器 染め付けの大皿。
 おもしろそうなので出かけてきました。

 

20170130_123419

 この展覧会では直径40cm を超える江戸時代後期の大皿約140 点を一挙に展示し、皿の枠からはみ出さんばかりに跳ねる鯉、狂いなく描きこまれた網目文、大きく羽を広げ堂々たる趣の鶴や鷹など躍動感たっぷりの斬新な構図など みごとなものがあります。

なかなかの秀作揃いでとても楽しむことが出来ました。
また、勉強させて頂きました。感謝です。

会期 2016年12月23日(金・祝)~2017年4月9日(日)

 

20170130_124738

20170130_124752

20170130_124801

20170130_124811

20170130_124822

|

« 暮れなずむ恵那峡 | トップページ | ロゴを消した  ラルフローレン »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513695/64843206

この記事へのトラックバック一覧です: 「図変り」大皿の世界 岐阜県現代陶芸美術館:

« 暮れなずむ恵那峡 | トップページ | ロゴを消した  ラルフローレン »