« ロゴを消した  ラルフローレン | トップページ | メゾン ドゥ ジャルダン 弦楽四重奏の夕べ 2017/1/29 »

2017年2月 2日 (木)

ゴッホとゴーギャン展

ゴッホとゴーギャン展

嘗て日本で何度かゴッホ展 ゴーギャン展、それぞれが別々に展覧会があり、どちらも2度は見に行っていますが、

この一緒に暮らしていた二人一緒の展覧会が
何故今までなかっとのだろう?
 
不思議だ!

 と思ってしまう

ゴッホとゴーギャンの二人の展覧会

 

20170201_11016

 
20170201_11028

同じ時代を生き
同じ芸術の影響を受け
お互いを尊敬しあい
共に暮らし
お互いの芸術を認めつつ
離れていった

片方は遠く太平洋の孤島へ
そして 片方は自らの耳を切り
あの世へ

生い立ちや性格だけではなく、絵画表現も大きく異なる二人

その生涯と絵の変遷が分かりやすく説明と展示されていました。
 

20170201_11038

 二人が一緒に暮らした月日はある程度長いものだろうとズーッと思っていましたが、
なんと、とても重要だった共同生活が
1888年に南仏のアルルで たった2カ月の共同生活だという。

これにはビックリしました 
 
ゴッホもゴーギャンもヒマワリの絵を描いていますがこの対比もおもしろいです。
 

20170201_11047 

また、ゴッホとゴーギャンがそれぞれに「最高傑作」と認めた2点のアルルの「収穫」も特別に出品されています。
 

撮影不可なので、パンフレットだけ撮してきました。

これは ぜひ行くべき貴重な展覧会です。

愛知県美術館 2017年1月3日(火)~3月20日

|

« ロゴを消した  ラルフローレン | トップページ | メゾン ドゥ ジャルダン 弦楽四重奏の夕べ 2017/1/29 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513695/64843266

この記事へのトラックバック一覧です: ゴッホとゴーギャン展:

« ロゴを消した  ラルフローレン | トップページ | メゾン ドゥ ジャルダン 弦楽四重奏の夕べ 2017/1/29 »