« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月の15件の記事

2017年1月29日 (日)

暮れなずむ恵那峡

夕日に見惚れる子供達

恵那峡にて

 

20170129_230844

続きを読む "暮れなずむ恵那峡"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月28日 (土)

割烹 小栗 2017/1/20

 私は鳥取県倉吉市生まれ、倉吉は海の近くにあり、日本海の荒波に揉まれた朝捕れの魚を食べて育ちました。

寒い冬、雪が降る頃になると河豚・松葉ガニを食べたくなります。

裕福ではなかったのですが、旬を大切に季節の幸は必ず一度は食べる家でした。

ふと 河豚が食べたくなり

今回は割烹 小栗さんへ 予約して河豚尽くしをお願いしました。

Img_0460

続きを読む "割烹 小栗 2017/1/20"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月26日 (木)

アンティークやまあかり 昭和30年代のガラス皿 2017/1/20

「アンティークのやまあかり」さんへ また訪問。

先回とはまた違った数々のアンティークが並んでおり、その中でまた 良い物を見つけました。

雑器のガラス皿です

中央に菊花文、そのまわりと外側に六角籠目(ろっかくかごめ)が円を描き、その間に桜の花と桜の花びらが飛んでいる柄となっています。


20170125_151316

続きを読む "アンティークやまあかり 昭和30年代のガラス皿 2017/1/20"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

たたらで作った陶板皿 

 「恵那の野山の蕎麦懐石」は何年後かにはすべてを自作の器でお出しできるのを夢見ていますが、

なかなか思ったものが焼き上がらず、隔靴掻痒です。

昨年作陶し今年最初に焼き上がった作品

たたらで作った陶板皿 

Img_0423

続きを読む "たたらで作った陶板皿 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

ニコと子供達2017/1/16

ニコと子供達。どの子もニコに似て普段は吠えることのない大人しい仔たち。
生後8ヶ月だがどの子も母親のニコより大きくなっている。

 
20170117_83633_2

続きを読む "ニコと子供達2017/1/16"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サント・モールチーズと日本酒

昨日デパートで購入してきた白カビに包まれたチーズ
フランスのサント・モール
山羊の充分熟成した濃厚なチーズで塩分も強く、カビの味も十分ありゴルゴンゾーラに近い味だがピカンテよりは素直な味。ウイスキーやブランデーにはすごく合うチーズだが、日本酒でどこまでいくか合わせてみた。

 
20170117_03806

続きを読む "サント・モールチーズと日本酒"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金玉のない奴らが仕事をしている

利き酒をしていて
淋しい想いが出てきた。

酔っ払っているから表現は一直線。

今 どこでも男が多く働いているが、
しかし、目をこらさないでも見えてくる。
男のように見えるが、どこか違う者たち

続きを読む "金玉のない奴らが仕事をしている"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

羅を織る人

 
霧に隠れる城  岐阜県の岩村城の城下に
悠久の時を超え
 幻を織る仙人のような方が居られます。
20170113_80428

続きを読む "羅を織る人"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

羅織 世界から消えていた布の展示会が開催されます

古墳時代の日本にとても高貴な織物が2種ありました。

そして織り方が複雑すぎる故に消えていった幻の布

   今蘇る。

 

20170108_130033

どちらも神に捧げられたり王族だけに許された織物でした。

 私も世界中の様々な布を見てきましたが、名前だけは聞いていたが、もう世の中から消えて存在しないだろうと思っていた布

それは、渡来の織物である羅織(らおり)と
日本の(倭の)織物として倭文織(しおり)。

今回この羅織を見られる機会ができました。

続きを読む "羅織 世界から消えていた布の展示会が開催されます"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 7日 (土)

絣美術館 (かすりびじゅつかん)

伯耆国(ほうきのくに)をご存知ですか。

古代日本には大和と出雲(いずも)という強大な二つの国がありました。

伯耆(ほうき)・因幡(いなば)の国は出雲の影響を強く受け、神代の神話に出てくる国です。

出雲の国(今の島根県)のすぐ右隣りにあるのが 伯耆国(ほうきのくに)。その右側にあるのが因幡国。鳥取県はこの伯耆国と因幡国二カ国で出来ています。私の故郷 倉吉市は伯耆国の国府がある中心地でした。

 

続きを読む "絣美術館 (かすりびじゅつかん)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 3日 (火)

幻の旨みの酒

正月三が日 世の中は休みで四日から仕事と言う方が多い。

私は正月三が日 仕事 四日だけ休み。

世間並みだとつまらないか

性格もヒネているからこれがちょうど良いのかもしれない。

今夜は
ちょっといい生ハムとゴルゴンゾーラピカンテで一人利き酒遊び。

 

20170103_222705

続きを読む "幻の旨みの酒"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2日目の蕎麦

31日に打った年越し蕎麦
 10割ソバを当日挽いて打った粗挽き蕎麦で、フレッシ

ュで香りもあり甘さもあるおいしい蕎麦でした。(自画自

賛)

 
ですが、残念ながら これは私の恵那の野山の 蕎麦懐石のメインディッシュでお出しする濃厚な旨味が特徴の蕎麦ではありません。
 
年が明けて
新年1月1日
 今日から仕事。

夕食は昨夜の年越し蕎麦の時に一緒に打った 同じ超粗挽き手打蕎麦です。
一晩寝かせた2日目の蕎麦です。
 
20170103_05035

続きを読む "2日目の蕎麦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大晦日は日中はそば打ち

大晦日は日中はそば打ち
夜中は除夜の鐘 初詣
今朝 仕事

いつもの如く 両足に2kgのウェイトを巻き いつもの如く何も変わらず働いている。

続きを読む "大晦日は日中はそば打ち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

例年の最終行事

一年で一番忙しい日

一年で一度だけ 蕎麦専門店になる日です
  (普段は蕎麦懐石処で 蕎麦専門ではないため)
 
一年で一番蕎麦を打つ日です
  蕎麦懐石では4名様分だけ打ちますが
今日だけは30名様分を 
    一年の感謝を込めて打ちました。
 

今日の蕎麦も蕎麦懐石のメイン料理と同じ
蕎麦つゆなど必要としない
手挽きの超粗挽き(てびきのちょうあらびき)10割そばです。


まず 石臼で粉にします

20170103_03126

続きを読む "例年の最終行事"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます 2016 

旧年中はお世話になりありがとうございました。
年が変われど年を盗られて永遠に五才児です。
 餓鬼ですので、ご迷惑をおかけすると想いますが、
皆様
本年もどうぞよろしくお願い致します。

 
20170101_12058

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »