« ガレナ釉のスリップウエア エッグベイカー | トップページ | 太陽のめぐみで美味しくなる »

2016年10月12日 (水)

松茸の夕べ

秋は茸の季節 

 毎年秋になると美味しい松茸を食べたくなります。

ここ東美濃 恵那市は数年前まではまつたけ祭りを行うほどの高級松茸の産地 でした。

数日前にある料理旅館に地元の松茸を食べたいと予約して伺いました。

Img_8853

 こちらでは普段は谷川に面した天然温泉に入り会席料理をいただくのですが、今回はちょっと遅くなり、残念ながら温泉はパスして早速松茸会席です。

本日の松茸は蛭川産の朝どれ松茸です。
早朝 蛭川のおばあさんが持ってこられたそうです。
蛭川は私の自宅から車で20分位のところにあり良い松茸が採れます。

まずのどを潤すビールを頂き

 

Img_8857 

Img_8858

お酒は

地元の笠置鶴と鯨波の二種類ありましたが、 鯨波の純米生をお願いしました。

これは

松茸以外に合わせることにして、

 松茸に合わせて少し持参したのは
「一白水星(いっぱくすいせい) 愛山(あいやま) 純米大吟醸」
サラッと辛口だが口腔内に含んだその瞬間濃厚な 旨味がでて、余韻は爽やか
松茸の香りを邪魔することもなくフワッと旨みで包むとても素晴らしいお酒です。

八寸

黒い茸 地元ではロウジと呼ばれるやや苦みのある大人の茸

 

Img_8860

松茸

早朝 蛭川のおばあさんが持ってこられた朝どれ、どんな味でしょう

 

松茸土瓶蒸し

Img_8862

ああー良い香り

Img_8863 炭火コンロが出され

松茸と それに合わせて油の少ない柔らかな赤身肉

Img_8869


Img_8871

松茸が焼き上がり
 
  キュ キュ と歯が泣く
 
     鼻腔いっぱい 松茸の香
 キュッキュッ
 
    キュッキュッと旨味が拡がる
 

これです これが松茸

松茸と持参した 一白水星 良い酒だ 流石 拘りの酒
松茸と良く絡む 旨い 

天ぷら

Img_8872

海老の天麩羅は 自然薯のとろろを巻いて揚げたものです。

コンロの炭火がまだ興っているので これも焼いてみました。

焼いたら別格 トロトロホクホク めちゃ旨 絶品です

焼魚

 

Img_8874

恵那は山の国 渓流の魚

Img_8875

赤い点々でわかると思いますけど

アマゴ

指にかぶりつかれた

Img_8881

死しても離さず

見上げたこころ 

 

松茸ご飯

 

Img_8878

 松茸がたくさん入っています。

香り良し ご飯の甘さと松茸、針生姜がよく合ってとても美味しい。

おすましも松茸

Img_8880

どれも特別美味しく頂きました。
 秋の香りの幸を充分堪能致しました。

様々な山の幸が豊富なところ
 この地方に住んで良かったとつくづく思える美味しさでした。

…………………………………………

ヤマメもアマゴもサケ目サケ科に属し、どちらも日本の固有種

ヤマメはサクラマスの亜種

アマゴはサツキマスの亜種

ヤマメの方が神経質で警戒心が強いと言われ、アマゴの方が貪欲に餌を追う傾向があるとされます

|

« ガレナ釉のスリップウエア エッグベイカー | トップページ | 太陽のめぐみで美味しくなる »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 松茸の夕べ:

« ガレナ釉のスリップウエア エッグベイカー | トップページ | 太陽のめぐみで美味しくなる »