« ファルネーゼ社ヴァレンティーノ社長をお迎えしてのワイン会 | トップページ | 10月の生花 »

2016年10月20日 (木)

今日のランチ   お休みの日のはヨーロピアン

昨日は普段食べている夕食で、
日本で15000年前から食べられていたであろう雑穀米と焼き物を紹介しましたが、
今度は家での普段のランチ
 お休みの日のはヨーロピアン

バケット+チーズ+トマト+赤ワインです。ほぼいつもこんな感じで 美味しくて、超時短です。

 

20161018_131308

よく考えてみたらこれってイタリアなどでは2000年以上も前から食べられていたのでしょうね。

日本とヨーロッパの古代食同士 でした。

ただ、トマトはジャガイモと一緒で、1492年にコロンブスがアメリカ大陸を発見したことをきっかけに、ヨーロッパ、そして世界各地にもたらされていますから、
パンとチーズとトマトの組み合わせは、500年ほど前からですね。

 

20161018_131154 

20161018_131231

バケットにゴルゴンゾーラを載せて、トマトを乗せ オーブンで15分焼く。
焼き時間も昨日と同じですね。

さて、焼きあがりました。
塩味が効き、独特の味のゴルゴンゾーラと
ベランダで完熟させたアミノ酸と甘みタップリのトマト
これにバケットのパリパリっが加わり、 旨~い。

そして、当然 ワインです。
合わせたワインもこだわり品。

イタリアワインではありませんが、話題のプレミアムワイン。

 

20161018_132806 

チリ・タマヤのワインメーカーズ・グラン・レゼルバ・シラーです。

 

20161018_131348
 当然 無農薬有機栽培(ビオディナミ)で環境にやさしいサステーナブル農法です。
花を育てることでぶどうの病気を早期に察知したり、ハーブの効果で虫を避けたりします。

 
葡萄の香りにラベンダーの花の香やスパイス香、黒オリーブを想わせる香が続きます。タンニンも丸く収まり、滑らかな質感で全体がバランス良く仕上がっているフルボディ。
 
この滑らかな旨みが、ゴルゴンゾーラと完熟トマトの濃厚な旨みにとてもマリアージュしてうまい。
…………………………………………

タマヤ・ワインメーカーズ グラン・レセルバ シラー2011 チリ/リマリ・ヴァレー
■格付け : リマリ・ヴァレー D.O.
■タイプ : フルボディ
■葡萄品種 : シラー95%、ヴィオニエ5%

★ SAKURAワインアワード2014にてダブルゴールドメダル受賞(2011年ヴィンテージ)
SAKURAワインアワードは日本で活躍している女性ソムリエ、ワインスクール女性講師など全員女性の審査員240名が日本で流通するワインをブラインドテイスティングにより審査し、ダブルゴールド、ゴールド、シルバーのメダルが贈られるものです。(2014年度の審査対象ワインは1,922アイテムでした)
★ ジャパン・ワイン・チャレンジ2014 にて2011年ヴィンテージが金賞受賞
★ ワイン・マガジン ゴールデン・ボトル・アワード2013にて 97点
 
巷では
●時価3万円を彷彿させる最高峰シラーが驚愕のロープライス 
●【最高金賞】【シラー最高賞】を数々獲得し、フランスそしてチリ最高の祭典開催でも見事【金賞】を獲得する幻の大傑作!! あの時価28000円にして世界一偉大なる[エルミタージュ]を見事彷彿させる。
●わずか一本しか選ばれない年間最優秀賞を見事獲得したチリ最高の大傑作!!
●そのラベルには、【ワインメーカーズ・グラン・レゼルバ】と刻印され、その生産量は年産わずか350ケースのみ!! (グラン・レゼルバとは熟成期間が5年以上のもの)
等々 

こんな良いワインが2000円~2500円で買えます。
昨日ようやく9本だけ手に入れましたが、そろそろ入手困難になりそうです。

|

« ファルネーゼ社ヴァレンティーノ社長をお迎えしてのワイン会 | トップページ | 10月の生花 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日のランチ   お休みの日のはヨーロピアン:

« ファルネーゼ社ヴァレンティーノ社長をお迎えしてのワイン会 | トップページ | 10月の生花 »