« アイチトリエンナーレ  驚きの発見︎︎‼︎ | トップページ | ル・ヴェール 多治見 2016/9/10 »

2016年9月 7日 (水)

伊勢型紙

いかにも日本らしい細やかさ


20160907_175737_2

 
20160907_175823
 
 
20160907_175803
 名古屋骨董祭でいつも販売されていて毎回全てを見ていますが、とてもすばらしい物も多く、貴重な資料だと思います。
 しかし購入しようにも布と陶器だけでこれ以上スペースを増やす余裕も無く、記憶の小箱に詰め込もうと努力するのですが、虫が住んでいる小箱なので、どんどん食べられて無くなる寂しさがあります。
  今は2000円弱で販売されていますが、10年もすると希少性で10000円近くなるでしょうね。
 
骨董祭では古伊万里など何百年前に捨てられた陶器の壊れたかけら(陶片)もいつも販売されているのですが、今回は数点しか出品されていません。私が数年前に購入した陶片に似たものもありましたが、今は三倍くらいの価格となっています 年年出土が減ってやがて無くなる貴重な物、大切に使ってあげようと思います。
 
良いものもそれなりのものもある
名古屋骨董祭

|

« アイチトリエンナーレ  驚きの発見︎︎‼︎ | トップページ | ル・ヴェール 多治見 2016/9/10 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513695/64171386

この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢型紙:

« アイチトリエンナーレ  驚きの発見︎︎‼︎ | トップページ | ル・ヴェール 多治見 2016/9/10 »