« 勝縁 長野県阿智村 2016/8/9 | トップページ | ふるさと納税 »

2016年8月29日 (月)

割烹 小栗 2016/8/20

昼間 恵那峡ではじめてのカヤック、湖面を川風を優しくうけながら川上へと漕ぎ、

素晴らしい経験をしました。

 

後で、恵那峡の温泉で汗を流し

 夜は鮎三昧。

川の恵みを堪能した一日でした。

 

割烹 小栗

 

二年ぶりの訪問

 

20160829_03449

 
20160829_03503 

今日は 「鮎尽くし」をお願いしていました。

まず 喉を潤す 一口の恵比寿ビール生

メニュー以外のお酒をお尋ねしたら、

十四代が2種類あるとのこと。

これが 、小栗さんにあるとは。

 

久しぶりの再会です。

その中で十四代の 本丸をお願いしました。

 

  アペリティフにするにはとてもすばらしくいい酒に仕上がっています。

以前より磨きがかかって更によいお酒になっていました。

(十四代については次回書きます。)

鮎の酢煮 灯篭見立て

 

20160829_03514

ボウフウ

レンコンの籠

 

良い味わいだ。

宮川の鮎のお吸い物

 

20160829_03531 

20160829_03540

 

20160829_11945

冬瓜と

じゅん菜が入っている。

じゅん菜 いいな  夏を感じさせる

なぜか子供の頃から好き。

鮎の下には卵豆腐

薄味でいい感じ

銀箔が浮いているが 器が銀なので大人しく浮いている。

 

魚田

 

20160829_03551

鮎の田楽

 

20160829_03608 

20160829_03618

美味しくて 骨まで全部食べてしまった。

 

お造り

 今日釣れた付知川の鮎

 

20160829_03633これは 新鮮だ!

 

20160829_03646

とても良さそうなので

何も付けないでそのまま食べてみた。 

 

やはり きれいな上品な味。

 

これぞ 鮎だ。

泡醤油が付いているが、わざわざ作られたのだが、今日のこの繊細な鮎には強すぎて味を消してしまうだろう。

山葵など以ての外だ。

 

普通の鮎なら泡醤油も山葵もよいだろうが、今日の鮎は違う。

 

何が最適だろうと考え、

ここで、塩を注文した。

酢橘塩が最適だろうと思ったのだ。

 

20160829_03759

 

これに合わせるお酒。

先ほどの十四代本丸は、とてもレベルが高く よい酒だが、

これだけやさしい香りと繊細さを楽しむ鮎には本丸の香りと味はちょっと合わない。

何もできない。

 

フルーティすぎてただの甘い酒に成り下がってしまうのだ。

これほどよい酒でも、合わせるものによっては、この有様だ。

 

ここで、川魚を活かす酢橘にも対応できる酸度の高い辛口旨味酒を選んで注文するのが一番だが、

今日はちょっと前に酒屋さんで数種類の試飲をみっちりとしたのでアルコールオーバー気味。

もう余分には飲めそうもない。

そこで、十四代の変身を行うことにした。

日本酒は酸を加えると甘みが減退し、ややすっきりとして少し辛口になるので、酢橘を数滴垂らし入れて、十四代の甘みを消す作戦に出た。

 ふくよかなフルーティさが、ややキリッとしたいい酒に変身した。

これは、旨い。 いい酒だ。

ベースが素晴らしいからこういうアレンジにうまく溶け合いとてもいい酒に変身した。

鮎寿司

 

20160829_03704

酢飯の酢がやや酢が甘いので、酢橘を付けて食べる様になっている。

 

長良川を遡上したものを郡上で釣った焼き鮎

 

20160829_03828

岩壁を流れる清流を泳ぐ鮎

 

20160829_03843

  ホロホロと

     身がほどけいく

         絹の味 

 

天然焼き鮎の柔らかさと旨さだ。

鮎ご飯

 

20160829_03857 

鮎二匹の一合炊き

 

20160829_13122

新鮮で生臭みのないいい鮎で、

しっかりとふくよかに味が染み、とてもとても美味しく炊きあがっている。

これに鮎の身を解き 混ぜ合わせ食べる至福のひととき

 

20160829_13255

美味しい鮎ご飯

 

普段なら会席料理ではお腹がいっぱいで、最後のご飯は食べないか、ほんの少しにしていただくのだが、今日は美味しくて食べてしまった。

 

これに合わせるお吸い物は赤だしだった。

赤味噌に合わせ味噌が少し入った感じ。普通の赤だしよりも優しいが、

今日は繊細な料理、赤だし特有の渋みのあるこくはちょっと合わないと思った。

 

抹茶アイスモナカと水羊羹

20160829_03954これもおいしいデザートでした。

ただ、欲を言えば お抹茶。 むりならお煎茶でいただきたかった。

それはともかく

とても素晴らしい 良い鮎を堪能できた至福の時でした。

久しぶりの訪問でしたが、どれも美味しく造られていました。

ありがとう 本当に美味しかった。

 

…………………………………………

 

割烹小栗

0573-68-2588

509-9132  岐阜県中津川市茄子川1536-1

|

« 勝縁 長野県阿智村 2016/8/9 | トップページ | ふるさと納税 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 割烹 小栗 2016/8/20:

« 勝縁 長野県阿智村 2016/8/9 | トップページ | ふるさと納税 »