« 牛の戸焼 | トップページ | 桜のアミューズ »

2016年4月 5日 (火)

日本料理  きん魚  (瑞浪市)2016/4/2 桜の宴 

まだ咲き初めし

20160405_125637

 今日九重に咲き乱れる

20160405_125746


  風に誘われ飛びゆく

 


20160405_125836

眼と風で様々な桜を楽しんだ後は 桜の宴です。

岐阜県瑞浪市の山奥の小さな町にある大きな古民家

到着したときはもう日が暮れていた

20160405_132814

 

20160405_132824

 

20160405_132845玄関へ

 

20160405_132610 味のある造作だ

20160405_132736

雛飾り

20160405_132624

この地方は四月四日まで 月遅れの節句で お雛様が飾られていた

 建物と良く調和している。

20160405_132657

 

我々は離れへ案内された

20160405_132833

 

20160405_132718

 

日本酒は地元の物中心と一部良いものを置かれていて、

一般的な日本料理屋さんと比べると上手く揃えられています。

 

まずアペリティフ

 

器にそそがれると現れる さくらばな

Cimg8233

桜のお酒

 まるで器に桜が浮いているよう

次いでいただくのは

 

20160405_130935

春一番地 うすにごり

 春のこの時期に出される甘口の優しいお酒

  みちざくら しぼりたて直汲

    やや甘く感じるが切れも良く柔らかな春らしいお酒

 

先付け

新玉ねぎのところてん

 

Cimg8235

 桜の小枝が「今」を演出る。

   器や道具の趣向が良い

新玉ねぎを擂ったものに豆乳寒天を合わせたものだと思いますが

美味しい

桜をあしらった漆の腕物は

はまぐりのしんじょ

 

Cimg8243

すずしろ(大根)は桜の花びら

桜の季節には嬉しい演出です

20160405_131651

おいしい  やや塩味が強めですが。

 

お造り

20160405_131916

 

ここらあたりで次の日本酒

 横山五十というのがあり、瓶を見せて下さいとお願いして、見たら、

横山五十ではわからなかったのですが、製造は重家酒造でした。

「確蔵」を造っている醸造元です。

 ここは長崎県壱岐島の小さな醸造元で、杜氏が頑張って最近売れ出しており、

中々味のある酒を造るので私も好きな醸造元です。

横山五十 純米大吟醸 山田錦 

ラベルには細かく書いてないのですが、

多分9号系の酵母だとおもいます。

横山五十だから精米比率は50%でしょう。

 

フルーティーでとても綺麗だがちゃんと旨みもあり いいお酒でした。

塩麹の蒸し物

 

20160405_131927 

鶏 白玉 蕨などが入っている

20160405_131939

良い味をだされています 

   塩麹だからなのでしょう 塩味がつよい

変わり飛龍頭

椎茸と筍 上に乗っているのは雲丹

20160405_132018

 

20160405_132033

器がいい感じだ とてもよく合っている。 なかなかセンスが良い

田舎にしては珍しいくらいどれも上品な良い味です

 

  ただ、山奥のこの地方に合わせたのかどれもまんべんなく塩味が勝っている。

つゆには小さな海苔が入っている。見た目は礒の感じでとてもよい。

この器に入った状態で、もしも、海苔がなかったらカラーバランスとしてはつまらなくなる。

ただ 、雲丹と真薯で食べると良いが、 雲丹と真薯に海苔が絡んでくると口の中で 真薯の邪魔をする感じ 料理とはおもしろくて難しいものだ。

鰆の幽庵漬

20160405_132228

この地方は四月四日まで 月遅れのお雛様だそうです

20160405_132404

お内裏さまの中はわさび菜

       お雛様の中は桜海老

         桜海老は 生臭みが出やすいのだが、

          臭みはなく とてもうまく煮てある。

 豆腐の田楽に見えるものはレアチーズでした。

    サラッとうまく味噌に合わせ なかなか上手い。

 

串揚げ

 メカジキとスナックえんどうと椎茸でしたが

写真を取り忘れ 一本だけに

20160405_132458

茶漬け

20160405_132525

デザート

アイスモナカ桜味とあんみつ

 

20160405_132539

 

どれも美味しくいただきました。

建物 器 お料理の盛りつけ 味 どれも調和がとれていても お値段はおさえてあります。

 

プライスパフォーマンスも十分で、全体の総合評価ではこの地方ではいまはトップクラスのお店だと思いますが、

 一部料理とのバランスでも、いまも良く出来ていると思いますが、

交響曲のように流れながら楽章ごとに序破急と変化させる。

 

例えば塩分でも、同じような塩分の流れではなく緩急を取り入れた味付けや料理の流れ、食感などがもっとでるようになれば凄いお店になると思います。

 

器もどのように変化して行くでしょう。

帰りにいろいろお話をさせていただき、三十分以上も玄関先で長々と申し訳ありません。

とても勉強熱心な方で、

 まだ四十歳だといわれる 四十歳の若さでここまで高いレベル

これからどこまで大きく成られるのだろう。

   (馬鹿な私が一人で空想の世界で悦になっている  ごめんなさい。ただ、もっともっと素晴らしいお店になって欲しいとねがっているものですから、申し訳ありません。)

 

とても楽しみな お気に入りのお店が出来ました。

 ごちそうさま。

…………………………………………

日本料理 きん魚

所在地

509-6361 岐阜県瑞浪市陶町猿爪140-5

TEL

0572-65-2540

営業時間

11:30-14:00 / 17:30-21:30      定休日 水曜日

 

|

« 牛の戸焼 | トップページ | 桜のアミューズ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本料理  きん魚  (瑞浪市)2016/4/2 桜の宴 :

« 牛の戸焼 | トップページ | 桜のアミューズ »