« 奨学金 | トップページ | 山陰 鳥取県倉吉の 冬の温かい風景 »

2016年2月19日 (金)

明庵(みょうあん)2015/1/9


 先日 とてもよいお店に行ってきました。

 

20160209_04521

 

私は素人でおこがましいのですが、自然を大切にした食材と、使うために作られた器(用の美 民の技)の良さを大切にして 自然のめぐみ おすそわけマクロビの蕎麦懐石 「foo-d 風土」という下手な蕎麦懐石を おもいつきと見様見真似でやっております。

 

とうてい私など足下にも及ばないのですが、ぜひ勉強に一度食事に行きたいと思っている処が京都にあります。

 

 白州正子や司馬遼太郎など私が大好きな作家や多くの文化人が愛した京都の花脊にある摘草料理で有名な「美山荘」

 季節の草花や旬の食財を取り入れた美しい料理をぜひこの目で感じ、食べたい、

是非一度行きたいと思いながら、もう何年も経ってしまいました。

 

そして、「美山荘」の弟さんのお店 「草喰(そうじき) なかひがし」も自然を大切にした食材のお店。

こちらへも行きたいと思い、先日ネットで検索していたところ、

「なかひがし」と同じおくどさん(竈かまど)を使っているお店が名古屋にあるということを知りました。

 

昔ながらの竈(かまど)を使ってご飯を炊いているお店が名古屋にある。名古屋なら私の所から1時間で行ける、早速行ってみようと思い立ち予約をして出かけました。

 

20160209_05544 

20160209_04553  寒椿 良い感じ

20160209_04615

20160209_04814

カウンター席をお願いしていましたが、赤いおくどさんがまず目に付きました。

ベンガラの丸っこいかわいいおくどさん

これだけでなんか温かく嬉しくなりそうな雰囲気

正面には気の利いた器が並んでいる

 

20160209_04615_2 

お料理は予約の時にコースをお願いしていたので、飲み物のメニューを拝見

  ワイン

手頃なお値段の物がうまく配置してある。

20160209_04837

 
日本酒
 

20160209_04650 九平次 獺祭 鍋島 

今話題の日本を代表する逸品

次いで房島屋 貴 良いお酒ばかりだが、

 

(ちょっと贅沢かも知れないが)なんか揃いすぎておもしろみが無い。

ただ、ここまできちんとまとめられたお店、ほかにも何か面白い酒もお持ちだろう。

奥様とお話ししていて解ったのであるが、

(とても珍しく)こちら明庵さんは日本酒のことをちゃんと分かっておられる素晴らしいお店であった。


それではと、料理にそれぞれ合わせて日本酒を出して頂くことにしました。

 

まず、ビールを一口頂きのどを潤し

日本酒お願いした 最初は何が出たか失念

さて、食だが、

まず暖かい 

蛤の潮汁葛きり 胡椒

20160209_04711

ちょっと厚めの根来塗の盆 漆塗りはややもすると変な高級感が出てしまいますが、根来塗は酒の席では重厚な趣もあり私の好みです。

やや塩味のきいたいい味わい

ブラックペッパーがうまく効いていた

次の料理に合うお酒をお願いしたところ、

八兵衛山廃純米 が出てきた。

赤貝の酢の物

とびこ 菜の花 赤貝

 

20160209_04753 

とびこに辛子が効いていて菜の花によく合う

カラスミ蕎麦

 

20160209_04847

蕎麦にカラスミがまとわりついていい感じの旨さを出している。酒の肴に最適。

発想はイタリアン?

お酒がなくなってしまった。

次も 何かいい酒をお願いした。

義俠 おりがらみ 

旨み十分

カラスミによく合う

義俠は愛知県にしては珍しくどちらかといえば辛口の綺麗めだが、これはあまり義俠らしくない酸味と旨み まったりとした良い酒だ。

旨い。

このわたの茶碗蒸し

 

20160209_04922 

20160209_04900 

20160209_04934

磯の香1000%

まったり義俠がとてもよく合う

茶碗蒸しは普通は酒とは合わせないのだが、温まった特別強い磯の香のくどいような旨みに この義俠の酸味と旨味が絶妙。

レベルの高いこのわただ。

わたしは日本海 鳥取県倉吉市で生まれ育ったので、魚系には結構うるさいのだが これは いい味だ。

鯖の藁燻し

 

20160209_04947

 軽く酢締めして 玉ねぎ甘酢添え

鯖の生臭みが消え あまい

玉ねぎもいい効果を出している。

ぶりの漬けに いぶりがっこ辛味大根のシャーベット

 

20160209_05008真っ白い粉雪

美味い 美味い美味い

辛味大根がうまく効いて 旨さを助長している。

辛味大根を急速冷凍したものらしい

美味い。

どの料理もおもしろい

のどぐろのゆうあんつけ

 

20160209_05054

生湯葉と九条葱

火の通りがちょうどよく葱がうまい

のど黒も浸けすぎずいい感じ

のど黒の脂が甘さを助長し旨味が出ている。

 

新もの 岸和田の新たけのこ

 

20160209_05154

グレープシードルオイル付け 青山椒の香り付け

これまた山椒味噌も効き いい塩梅にできている

次の日本酒

貴(たか) 純米80

旨みもありキリッと感もある

せいこがにがに 土佐酢の菊花の漬けチラシ

20160209_05206

大根とカラスミのご飯

 大根ご飯をおくどさんで焚いて

炊きあがった熱々

20160209_05237

この大根ご飯を

よそおった後カラスミを振ってある

 

20160209_05332     昆布 沢庵  生姜

おいしいおいしい ご飯

20160209_05449

 

良い味わいのある腕

うーん なかなかいい

20160209_05516

 

ババロア 白ワインのジュレ ミュー

 

20160209_05527

とても満足  ヌーベルハポネーゼ? ベースは厳然とした和だが、新感覚の遊びを取り入れたとても楽しく美味しい料理。

更にそれを高める日本酒とのマリアージュ

 

私の求める「美味しい料理といいお酒で更に食が高みへ行く」世界に近い楽しさでした。 お酒を選ばれるのは奥様で、とても楽しそう、次回、お店が多少暇だったらお話を聞きたいと思いますが、いつもお忙しそうだから夢で終わってしまうかも。

ごちそうさま 本当に美味しかった。

…………………………………………

愛知県名古屋市東区徳川町2103番地 城ビル1F 

052-935-7678

定休 不定休 

 

駐車場 片山八幡神社駐車場に3台

|

« 奨学金 | トップページ | 山陰 鳥取県倉吉の 冬の温かい風景 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明庵(みょうあん)2015/1/9:

« 奨学金 | トップページ | 山陰 鳥取県倉吉の 冬の温かい風景 »