« 丸富 (駒ヶ根市) 2015/5/15 | トップページ | 味ごよみ 2015/5/22 »

2015年7月 4日 (土)

メゾン・ド・ジャルダン 美食を楽しむ 2015/5/16

メゾン・ド・ジャルダンの開業8周年記念でドン・ペリニョン2004をいただきながら美食を楽しむという催しがありました。

 

ここはオープンキッチンですから調理の現場を見ながらという楽しみがあります。

 

Cimg7771

 Cimg7762

会場に並べられている今日の為の新鮮な食材たち

オマール海老

フランス シャラン産 鴨胸肉

鳥取県産の黒鮑

宮崎マンゴー

アスパラガス

など

オマール海老

Cimg7766

器から逃げ出すくらい動き回る 元気でとてもやんちゃです。

鳥取県産の黒鮑も元気

 

真っ赤に熟した宮崎マンゴー

Photo

宮崎マンゴーには太陽の玉子という何万円もするものもありますが、それではないと思いますが、

完熟でとても赤く美味しそうな色をしています。

フレッシュフォアグラはフランスからの空輸で、前日入荷する予定が遅れて、当日入荷という本当のフレッシュ! フォアグラでした。

この美食会は特に拘って食材を入れられたようで、どの食材も素晴らしい物ばかり

料理がとても楽しみです。

 

メニュー

Cimg7767

Cimg7768 


今日のワインのメインは ドン・ペリニョンの2004年もの

 

2004をネットでチェックしてみました。

—————————————————————

ドン・ペリニョン2004

2004年、この地方のブドウ作柄は傑出と評される非常に出来の良い年で、

2004 ドンペリ 白は、ワイン消費者から平均94.4点と評価されています。

2004 ドンペリ 白は、清潔感あるブロンズ色に、くだもののアロマが漂い、舌触りは絹のような新鮮味があります。

飲み頃は2013年~2029年。

-------------------------------------------

今日のドンペリは、

 

Cimg7774

淡い枇杷を思わせる色 優しい舌触りサラッとした上品な味わい。何にでも合わせやすい軽さと柔らかさをもっていました。

黒鮑

 

Cimg7772

チャーミングな盛り合わせ

程よく火が入った柔らかさ

中までかろうじて通ったような微妙な火加減が素晴らしい。

 

Cimg7776

ドンペリの優しい酸味とマリアージュ

優しい旨味 磯臭さを全く感じさせない上品な味わい。

焼き加減藻素晴らしく味も食感も何もかも美味しかった。

 黒鮑 最高!!

フレッシュフォアグラ

Cimg7781

 

昨日入る予定が飛行機が遅れて本日空輸されたという。

正真正銘 フレッシュなフォアグラ

今日のものは鴨のフォアグラで、表面だけサッと火が入った仕上がり。

 

Cimg7782

 上品なサラッと感はあるが、やや香りも油も強く、 濃厚なレバーらしさがありややワイルドな味わい。 美味しい。

 

ワインは 白 コート・ドゥ・ローヌの2012年を合わせた。

脂が溶けやすくややワイルドな味の鴨に対して、

ガチョウのフォアグラは、しっとりとして 上品な味わいがある。

好みは分かれるだろうが、 僕はどちらも好きだが、どちらかと言えば   きれいめな味のガチョウの方がより好みだ。

 

外は淡い薄紅色のきれいな夕方

パンは中津川市阿木のキュルティヴァトゥールのバケット

 

Cimg7785

田舎の山奥にある美味しいパン屋さんで何度か伺ったことがある。

濃厚な旨味のバケット

ブーランジェ(パン職人)のご主人は生真面目にパンを作る人だ。

いいパンだ。皿のソースを全てこれで掬って食べてしまった。

 

 メニューには乗っていなかったが一品出された。

スズキのステーキ 小松菜ソース

 

Cimg7786

 

Cimg7787

 鱸はすずき洗いしたようにきれいな身といわれる様に柔らかくて癖もなくあっさりとした魚である。

鱸と同じように鰆も舌平目もそうだが、味が薄いので、魚を食べると言うより味付けやソースの味を楽しむ西洋料理には使いやすい魚である。

 魚自体は淡泊すぎるので、魚をメインに食べる様に見えるが、実はソースがメインという料理。

オマール海老

    卵と味噌 添え

 

Cimg7795

皿の縁の周りの赤いのが卵  右がオマール海老の味噌

Cimg7796

 ソースが濃厚で美味しい。

 

しかし、今日の私には、ソースが濃厚で主張しすぎている。

ただ焼いて塩胡椒の方がおいしいような気がするので、小皿にオマール海老を乗せ、塩胡椒を振り、オリーブオイルをかけて食べてみた。

この方がオマール海老の旨味を引き出し美味しい。

白ワインはNVコト−シャンプノワ・プジー・ブラン グラン・クリュ

よく合うワインだ。

中休みにエスプーマの爽やかさ。

Cimg7797

Cimg7798

フランス シャラン産 ピュルゴー家の鴨

 

Cimg7799

ワインはシャトー・ラ・フルール・ペイラボン1993

Cimg7801

ちょうど良い焼き上がり

食感を楽しむように、縦切りと横切りのモノが出された。

横切りはいつもの味

縦切りは筋ばった食感

デセール

 

Cimg7803

Cimg7804

宮崎マンゴー

Cimg7805

マンゴー特有のやや生臭さい感じは影を潜め、優しく上品な旨さに熟しています。

すごく美味しい

最後に エスプレッソをダブルでお願いしました。

マカロン付き

 

Cimg7808

エスプレッソの濃厚さが口の全てに行き渡りその酸味とビターで口腔内をスッキリとさせる。

Cimg7806

今夜は特別な食材で、ほんとうに美味しいものを作って頂いてありがとうございました。

 

ごちそうさまでした。

|

« 丸富 (駒ヶ根市) 2015/5/15 | トップページ | 味ごよみ 2015/5/22 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メゾン・ド・ジャルダン 美食を楽しむ 2015/5/16:

« 丸富 (駒ヶ根市) 2015/5/15 | トップページ | 味ごよみ 2015/5/22 »