« 薬庵 (奈良県當麻町) 2015/4/18 | トップページ | 夏向きの手作り和菓子 15/6/20 »

2015年6月18日 (木)

ビオサイサイ BioSaiSai 15/6/13

今日の予定は、
また陶器を見て回り、お昼は蕎麦ではなく、オーガニックな気分でランチ。
さかずき美術館や陶房をまわり、早めに夕食を済ませ、夜は今年初めての蛍見学です。
蛍は今週か来週が見頃、沢山見られるといいが。

さて、お昼
予約しておいたオーガニックカフェ  ビオサイサイへ到着しました。
 
20150618_132248 

20150618_132329

 
店内からは やや和風のお庭を眺めながら
 
 静かに
 
   ゆったりとティータイムも楽しめます。
 
20150618_132420 
テーストを上手に絞り込んだアダルトなファッションウエアやファッション小物も販売されています。
 
20150618_132358
 
 暑い日のランチタイムはよくビールを一杯飲むのですが、
こちらはお昼だけの営業ということもあり、アルコール類はおいてありません。
 
   たまにはこういうのもいいですね。
 
 
 
メニューを拝見
 
20150618_132442 
20150618_132512
 
 種類の豊富なコーヒー・紅茶
飲み物はいろいろ楽しめそうです
 
20150618_132525

20150618_132535
 
20150618_132552  
20150618_132628
ランチ
20150618_132612
 

ランチは一種類のみでした。
 
菜食健美ランチ
 
大豆カツのお野菜ランチ
 
  お野菜スープ
 
  日替わりごはん
 
     本日は緑米の入ったごはん
 
  大豆カツ
この3品のワンプレートランチ 1280円
 
20150618_132641
 
お野菜スープ
 
胡椒がよく効いています
 
 
緑米のごはん
 
古代米の餅米の一種、
  赤米や黒米などは時々食べているが、緑米は初めて。
 
20150618_132656
 
20150618_132710この緑の物がそうです。

緑米は小粒でプリッとした食感
黒ごまがのっていて香ばしい
 
餅米なので白米とは火が通る時間が少し異なる為、白米と緑米の食感の差がおもしろい。
 
  美味しいごはんです。
 
 
カツ
おいしそうな 
    良い色に揚がっている
     豚フィレ肉のカツレツだ
20150618_132725
 
  -----------------------------------------------
(ちょっと余談へ)
 
 私は肉を食べるときは牛か、偶に鶏、冬はジビエで、豚肉はあまりおいしいと思わないのでまず食べない。
  美味しいと思えるものを食べてあげないと食べられる食物が可哀想だと思うから。
 
 豚でおいしいとおもったのは香港の数店で食べる中華の脆皮焼腩肉や東坡肉その他、様々な豚肉料理。香港は何十回と行き、香港島や尖沙咀の様々な店を何度も食べ歩いたが、「豚肉丸」というのもあった。
尖沙咀のガード下の怖い様な場所の汚い店だったがこれも旨かった。
 
そして日本では、
たまにカツレツをたべるが、カツレツだけは牛は駄目だ。豚に限る。
 
 
 カツレツで思い出した。
 
名古屋に「やばとん」というトンカツの有名店がある。
行ってみたらおいしくない。
何も付けないでカツを食べてみたら肉の味が薄い。鶏のブロイラーのような味のなさと柔らかさだ。味噌を付けなければ食べられない。
 
  又後日、でも有名だから先回はたまたま美味しくなかっただけだろうと、再訪して食べてみた。
   やはり水っぽい味。
 
  三度試してみたが、 水豚とでも言おうか。
豚本来の旨みがない。
おそらく集中促成飼育などで人為的・工業的に飼育して旨みが付かないのだろう。
水っぽい味の肉で味噌の味が載りやすいから味噌カツにむいているのだろうか。
   本物の肉でも、ああいう肉の味のしない水っぽい豚肉は御免被りたい。
食物それぞれの味を十分もった美味しい食物とは自然に育った物やそれに近い環境で育った物だ。
 
美味しい肉とは放し飼いや、運動を十分させて健康的に育ったものだ。
 健康的に育った肉はその生物の旨みが十分出て旨い。
 
こういう肉は育てるのにコストが掛かる為、値段は多少高価になるが、安くて不味い肉を何回も食べる事をやめて美味しい肉を時々食べる様にすれば十分楽しめる。
 
 
 
  もう一つ。
 
 今まで大豆ミートで作った肉もどきを何度か食べたことがあるが、どれも酷いものばかり
油揚げを圧縮して煮詰めた様な
見た目は肉の様なそうじゃない様な得体の知れない存在で食べ物で、
食べてみたらまたこれが得体の知れない食べ物で、
「わざわざこんな物を作らなくても良いのに」
 
「もっとほかに食べ物があるだろう」
 
「こんなものに変化させられて大豆が可哀想」
 
と思う不味いものばかりであった。
 
おしなべて不味い食べ物とは自然を無視したり、無理をして作られた物だ。
 
その食材の本来持っている地力を大切に考えて料理してあげれば料理など不味くなるはずはないのである。
 
何か寂しい話だ。
 
   食を冒涜している。
 
  -----------------------------------------------
 
(さて、本題に戻って、)
 
だが今日は違った。
 
目から鱗というか 青天の霹靂というか
 
驚きのカツレツ
 
とてもうまく作ってある。これは見事だ。
 
どう見ても豚のヒレ肉で、
 
20150618_132725
 

食感も豚のヒレ肉を細かくカットして固めたような感じ。
 
 カツはとても上手に作られていてまさに豚のヒレカツだ。
 
大豆で作ったとは思えないぐらいそっくり。
 
これなら本物の豚肉でなくても十分おいしい。
 
豚肉に似せて作ったというものではなく、ちゃんと独立した肉になっている。
 
素晴らしい進化である。
 
これを作った人は凄いと思う。
 
よくもここまで研究したものだ、並大抵の努力じゃないだろう。
 
 
感心しながら美味しく頂いた。
 
 
野菜も美味しい。
とても満足させて頂きました。
 
 
是非又訪問して食べたいと思う。
 
 
 
デザートにお米のシフォンケーキとコーヒーをお願いした。
 
コーヒーは 有機ガテマラ
20150618_132739
お昼のひと時を静かに 美味しく頂戴しました。
 
とても美味しかったランチでした。
ティータイムも静かに楽しめそうな良いお店でした。
 
またお邪魔します
ごちそうさま。
 
-----------------------------------------------------------
余談
  オーガニックやマクロビ料理を普段あまり食べた事のない方達へ、
できたら口に入れたものを普段よりゆっくりと回数多く何度も噛んでみてください。
貴方の口の中で旨みがどんどん生まれてきますよ。
 
-----------------------------------------------------------
 

ビオサイサイ (BioSaiSai)

9:00~17:00
モーニング9:00~11:30
ランチ11:40~14:00

朝食営業、ランチ営業、日曜営業

定休日

月曜日

|

« 薬庵 (奈良県當麻町) 2015/4/18 | トップページ | 夏向きの手作り和菓子 15/6/20 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビオサイサイ BioSaiSai 15/6/13:

« 薬庵 (奈良県當麻町) 2015/4/18 | トップページ | 夏向きの手作り和菓子 15/6/20 »