« 軽井沢プリンス・アウトレット 2013/11/15 | トップページ | 軽井沢 晩秋 1 »

2013年12月 7日 (土)

軽井沢 千住博美術館 2013/11/16

秋の軽井沢

 宿を出てまず最初に目指したのは

    軽井沢千住博美術館

日本を代表する美術作家の千住博氏と建築家の西沢立衛氏のコラボの美術館

とても素晴らしい滝だ

20131206_232621 
TheFall(ザ・フォール)
20131206_234516

  千住博の第46回ヴェネツィア・ビエンナーレ受賞作品 TheFall(ザ・フォール)縦3.4×横13.56mからなる渾身の大作これのために特別に作られた、”地下宮殿”をイメージしたというTheFallRoom(ザ・フォール・ルーム)

 神秘的な 空間との絶妙なコラボレーション

 

素晴らしい絵 それにもまして感動させたのは西沢立衛氏設計のこの建物

 

Cimg6344  

曲線で構成
Cimg6340
 
Cimg6331
入口
Cimg6333
 
20131206_235206
 
 床はゆるやかなスロープ
20131206_235257
自然を取り込んだのか
20131206_235802 

 自然に取り込まれたのか    共存

 

 とても素晴らしい建物

 

こんな素晴らし西沢立衛氏の設計した建物と 完全にマッチした千住博の絵

 

完全に絵と建物がマッチングした最高に良い美術館でした。

 

-------------------------------------------------------------

軽井沢千住博美術館HPより

千住博氏は東京、京都、ニューヨークを拠点として精力的に制作活動を続け、ヴェネツィアビエンナーレ絵画部門で東洋人として初めて名誉賞を受賞、いま世界で最も注目されている作家です。当館では千住作品を紹介するために、1978年から制作された重要な作品群を収蔵しております。建築は西沢立衛氏設計によるもので、軽井沢の自然地形を活かし、床はかつての土地の起伏のままです。軽井沢の森の中に千住作品が一体となるイメージで鑑賞することが出来る空間を演出しております。西沢立衛氏は妹島和世氏とのユニットSANAAにて建築界のノーベル賞と称されるプリツカー賞を受賞した建築界の俊英です。また、約3000坪の敷地には、150種類60000株を超えるピンク、イエロー、パープル、シルバー、レッド等の美しい樹々・草花のカラーリーフガーデンが、世界が認める二人のアーティストによる夢のコラボレーションを祝福するかのように広がっております。

 

住所・電話 長野県北佐久郡軽井沢町長倉815

 

TEL 0267-46-6565

 

(撮影禁止のため一部の写真はネットで拝借しました)

|

« 軽井沢プリンス・アウトレット 2013/11/15 | トップページ | 軽井沢 晩秋 1 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢 千住博美術館 2013/11/16:

« 軽井沢プリンス・アウトレット 2013/11/15 | トップページ | 軽井沢 晩秋 1 »