« 蕎麦 すぎむら(中津川市)2013/10/12 | トップページ | 蕎麦工房 膳(京都市伏見区久我東町) 2013/10/18 »

2013年10月22日 (火)

ル・トア・ド・パリ フレンチに日本酒を

ル・トア・ド・パリ 2013/10/12

 フレンチと日本酒のコラボ

20131015_00237  
久しぶりに訪問
春に訪問して以来だ。
数日前に電話をしてディナーのコースの予約をしたときにメインディッシュはジビエ
 蝦夷鹿をお願いしておいた。
 
20131015_00311
今回も料理に合いそうな日本酒を持参することにして、
現在の手持ちの日本酒で蝦夷鹿のステーキに合いそうな酒をさがした。
先回は
香川県の悦び凱陣
愛知県 蓬莱泉 空
愛知県 奥
奈良県 風の森の微発泡の日本酒4種類と
ブルゴーニュの名門 ルロワの合計5本選んで持参したが、
今回は適当な日本酒があまりなく2本だけ。
一本は私のお気に入りで常に数本は持っている 奈良県御所市の油長酒造の風の森 その中で今日は
 風の森  純米吟醸生原酒  山田錦60
しっかりとした酸と旨味に微かな微発泡の いい酒だ。
 
20131015_03931
もう一本は愛知県江南市の勲碧 純米吟醸 山田錦 H24by 手造り無濾過原酒。
 
更に日本酒度の高いキリッとして、酸度の高いものを持参しようとしたが、一昨日まで、悦び凱陣があったのだが飲んでしまった。
この為、当日 事前に中津川の大鋸酒店へ伺い 探した。
10種類くらい試飲してみたが、酸度の高いものはあったがキリッとしたものは無く、日本酒度5.5 酸度2.2の
小左衛門 純米六割五分 ひやおろしを購入し、持参することにした。
また、これとは別に小左衛門 山廃仕込無濾過生原酒 本醸造が入荷していたので5本キープ。
これは来年まで押し入れの奥で1年以上寝かせて熟成させる予定。
 
料理のあれこれ 感想などをiPhoneのメモに記入しコースが進みメインディッシュの蝦夷鹿の感想を書いたところで
データがどこかに行ってしまい消えてしまった。
 
iPhoneのメモが消えてしまった。
いま、思い出しながら再記入しています。
当日18時半に到着
北海道厚岸産のセルガキ
20131015_00341 
20131015_00400
甘味と磯の香が混ざった濃厚な美味しさ
うまい。
その後にすぐ 風の森を口に流し入れると
その上品な旨味と酸味が 磯の香を優しく消していい余韻だけが残る。
 おかわりがしたいが、グッとこらえ
牡丹海老へ
さらに甘い甘い牡丹海老
 
次は ル・トア・ド・パリの名物
 
20131015_00412
 
フランス産 フレッシュ・フォアグラ
 
20131015_00429 
俗なフォアグラには無いプリっプリっとした食感と
濃厚なのだが濁らない旨味
本当に旨い 
ここへ来ると必ず注文する逸品です。
この濃厚さには 
 
20131015_00449
小左衛門 の 秋のお酒 
 
20131015_00507 
北海道の鰯
 
20131015_00551
とても新鮮な良い味が出ていました。
 この時期とても高価だったそうです。
これにも小左衛門 ひやおろし
 帆立もプリプリ
ここでワインを一本お願いした、
(今日の料理は濃厚なものが少ないので)シェフおすすめのブルゴーニュ
とてもよいワインであった 銘柄は消えてしまった
 
アルコールがどんどん進んでいきます。
 
20131015_00525
 
カリフォルニア オマール海老のボイルとムール貝
 
20131015_00604
 
 旨味のギュッとつまった味わい
ここでもワインより日本酒が良い。
 
ワインはその特徴である酸味とタンニンが料理の余韻をきれいさっぱりと消してしまう
 料理の余韻も楽しみながらアルコールを飲むにはワインよりも日本酒だ。
20131015_00620
 ムール貝も旨い
甘く旨味が乗った良い味だ。
 
ここでワイン
口の中をすっきり
 
さて、
メインディッシュ
蝦夷鹿
 
20131015_00647 
柔らかくジューシー
風の森がよく合う。
次の蝦夷鹿の一口の後には
ブルゴーニュワイン
やや濃厚なキレの良いやわらかなタンニンと酸味が生きている。
 
旨い鹿だ。
次はまた風の森 よく合う。
 
 
最初のデセール
 
20131015_00701
熟成チーズ
フロマジュ ルュー
フランス産のナチュラルチーズ クリーミーウォッシュチーズだ。
独特の強い香り 口の中でとろけていく芳醇な味わい
ワインより
小左衛門にとても合う
チーズのまったり感がいい
チーズとアルコールを合わせた場合どうしてもアルコールが勝ってしまうのだが、今日は一緒に飲むとチーズの余韻が少し高くいいバランス
ワインでは絶対にこういうことはない。
外側の皮(チーズのクルート)
の中の柔らかい部分がタラーとしてくる、そういう時がうまい時。
丁度タラーとして旨い とても旨いチーズだった
小左衛門とすごく合う。
 
良い日本酒と良いチーズ
なぜ、こんなにも相性が良いのだろう。
どちらも丁寧に発酵させたものだからだ。
サプライズ
 
20131015_00714
メンバーの誕生日
カーキ フランボワーズのリキュール
 
20131015_00756
柿はフランス語でもカーキ
カーキ フランボワーズのリキュールからややアブサンの香りがする
柿が旨い
アブサンは松ヤニのアルコール度数がとても高く飲むと火を吹くような酒であった。
始めて飲んだのは17歳の頃 どんなカクテルを造ってもその独特の味は消えなかった。
 
20131015_00807
 20131015_00818
フランボワーズのジェラート
イチジクのジェラート
栗のコンポート
マロンムース
ガトーショコラ
飴細工
 
デセールは出来た瞬間を楽しむお菓子だ。
ケーキ屋で売っている作り置きのものとは違う旨さがある。
 
どれも美味しかった。
 
6:30にお邪魔して今PM10:10
ゆっくりと楽しみながら頂き 長いことお邪魔しすぎました。
本当に ごちそうさまでした。
 
 
 風の森  純米吟醸生原酒  山田錦60
 麹米-山田錦60%     掛米-山田錦60%
日本酒度+5.5 酸度1.9  酵母 7号 モロミ日数36日
A L C - 17.0
 風の森シリーズの中で特徴のある山田60%純米吟醸
 
 山田錦らしい柔らかな口当たりと、しっかりとした旨みと酸味との
 バランスが心地よい。
 風の森ならではの幅のある上品な味わい。
 後味もスッキリとキレが良く、バランスが取れている。
 風の森の無濾過生原酒らしい微発酵が十分に活きた
 山田錦の柔らかい旨さを十分味わえる玄人好みの逸品。
 
小左衛門 純米六割五分 ひやおろし 播州山田錦 生 赤ラベル
1,8L ¥2,700  720ml ¥1,350
使用米:兵庫県産山田錦
精米歩合:65%
酒 度:+5
酸 度:2.2
ALC:18.9
ややパンチのある酸味が特徴。
香りは少ないが、旨みとパンチのある酸味が広がります。喉越しも切れて行き、後口が辛めに仕上がっています。パンチのある酸味が、焼肉、焼き鳥、魚の塩焼き、ピザ料理、ハンバーグなどに合います。
 
勲碧 純米吟醸 山田錦 H24by 手造り無濾過原酒
使用米:山田錦
精米歩合:55%
酵母 10号
酒 度:0
酸 度:1.3
ALC:17
口当たりの良さと旨味

|

« 蕎麦 すぎむら(中津川市)2013/10/12 | トップページ | 蕎麦工房 膳(京都市伏見区久我東町) 2013/10/18 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ル・トア・ド・パリ フレンチに日本酒を:

« 蕎麦 すぎむら(中津川市)2013/10/12 | トップページ | 蕎麦工房 膳(京都市伏見区久我東町) 2013/10/18 »