« そばと家庭料理工房屯(たむろ)(飯田市)2012/6/23 | トップページ | せいがん(岐阜市大洞)2013/1/5 »

2013年1月 6日 (日)

おちんちんへ初詣

2013年1月5日 足を伸ばして初詣

20130105_221025

たくましい物が鎮座ましましています。
奥の方には沢山の珍宝が

愛知県小牧市にある田縣神社

古い土着信仰に基づく神社で、子宝と農業の信仰を結びつけ、商売繁盛、夫婦和合、男女の結びつき、安産など、女性の参拝が多い所でもあります。
境内には男根をかたどった木や石が多数祀られています。
20130105_220758
 
20130105_220813 奥の宮への参道 大勢並んで参拝順待ち
20130105_220836
 
途中にとても大きい男根が
20130105_220853
 
20130105_220955
正面には大きな男根が祀られています
 
20130105_220938
 
20130105_221011
賽銭箱の横にも逞しいおちんちん
 
更に奥に行くと
20130105_221039 
20130105_221057
丸い大きな玉の間には小さなおちんちん
   説明文
 
20130105_221135
田縣神社の有名な祭り

毎年3月15日に行われる、奇祭として有名な祭事。「ほうねんさい」または「ほうねんまつり」と読み、別名「扁之古祭(へのこ祭)」ともいう。男達が「大男茎形(おおおわせがた)」と呼ばれる男根をかたどった神輿を担いで練り歩き、小ぶりな男根をかたどったものを巫女たちが抱えて練り歩く。それに触れると、「子どもを授かる」と言われている。 この祭事は、男根を「天」、女陰を「地」と見立て、「天からの恵みにより、大地が潤い、五穀豊穣となる事と子宝に恵まれる」事を祈願する祭事である。春に行われる理由は、「新しい生命の誕生」をも意味するからである。

なお、少し離れた場所にある犬山市大縣神社の豊年祭(別名「於祖々祭(おそそ祭)」)が対になっており、こちらは女陰をかたどった山車などが練り歩く。(ウィキペディアより)

田縣神社だけのお参りでは片参りのような気がするので

大縣神社へもお参りしました。

 

20130105_221246

20130105_221321

こちらはおそそが鎮座ましましています。

 

20130105_221355_2

 

3月15日にはおそそ祭り(於祖々祭)という豊年祭が行われ、女陰をかたどった山車などが練り歩きます。

 

本日はまず、昼食に蕎麦屋へ行き 

初詣で犬山成田山 田縣神社 大縣神社と三カ所廻りました。

本年は良いことが沢山ありますように。

 ---------------------------------------------------------------------

 田縣神社

http://ja.wikipedia.org/wiki/田縣神社 

 大縣神社

http://ja.wikipedia.org/wiki/大縣神社

|

« そばと家庭料理工房屯(たむろ)(飯田市)2012/6/23 | トップページ | せいがん(岐阜市大洞)2013/1/5 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おちんちんへ初詣:

« そばと家庭料理工房屯(たむろ)(飯田市)2012/6/23 | トップページ | せいがん(岐阜市大洞)2013/1/5 »