« ビランシア  一宮 | トップページ | 料理は至高の瞬間芸術である »

2013年1月12日 (土)

メゾンドゥジャルダン   恵那  クリスマスディナー

 クリスマスディナー ニ回目は 2112/12/21
 
 お気に入りの店のシェフに特別にジビエや活きのよい魚などメニューの打ち合わせをして楽しみにしていたのですが、その3日前にシェフが急病とTELが。
 
 残念ではあるが病気なら仕方が無い、早く健康になってください。
と言うことで、
 急遽良さそうなところへTEL 数軒でクリスマスメニューの様子を尋ねました。
 
その数軒の中で、
 メゾン・ドゥ・ジャルダン 
 
以前は恵那市にあるのが不思議なくらいいいみせで、気に入ってよく行っていたのですが、徐々に味がつまらなくなってきたので行くのを止めていました。
 
ちょっと不安でしたが、一応食事やワインについてお尋ねをしました。
 
 内容的にチープさが消え 昔のように 何か良くなったような感じです。
  まともなフランス料理を取り戻したような感じ。
なので、8400円のコース予約をして、
    約1年ぶりにお邪魔することにしました。
 
 
20130112_05129
 ゆったりとした駐車場    エントランスからお庭は以前通り 
広い敷地の中庭にあるクリスマスイルミネーション
 
   市街にありながら贅沢な余裕です。
 

着いてみると

入り口までスタッフの方がお出迎えをされています。

スタッフがほぼ全員が変わっていました。

お話を聞いたチーフウエイターの方も、シェフも軽井沢のホテル出身の方だそうです。
 ソムリエはいないが、ワインはそのウエイターの方が選んでおられるようです。
 
(料理や感想のメモをiPhone 5に記入していたのですが、間違えて消してしまったので今回は微かな記憶と写真です。)
 
 
まず、アペリティフ  ビールで乾杯
20130112_05214
 
 聖なる夜の始まり  オードブル
20130112_05226
 
 鮪のブリック包み 
  プロシュートのアクセント
20130112_05234
 
鮪の赤身をプロシュート(豚の腿肉のハム)と生麩で巻いてあります。
ブリック包みですが、
 プリックは包み揚げや巻物の料理のことです。
 ここの料理の場合は「ブリック包み」とあるので、包むが2つになるので、ブリックにはもう一つ煉瓦の意味もあり、(スペルはbrik)
鮪の赤身を赤煉瓦に見立て、それの包み揚げという意味で付けられたかも知れません。
 鮪の赤身とプロシュートのバランスが良い、
これはいける。
これなら今日は大丈夫だ。と思った。
美味しいお店に変身していました。
 
急いでワインをオーダー
 
まず、あまり重くならずに飲みやすい軽い感じから
〈ドメーヌ・デ・ピエール〉サンタムール・ジョルジュ・トリシャール 2010
 
20130112_13003 
        果実の凝縮感のある、まろやかな味わい
 
フォアグラのフランと白芋ポタージュのデュオ
 
20130112_05247
 見えないけれど上下2段になっています。

 フランとはプリンのような感じの料理ですが、これはフォアグラと生クリームなどで作ったフランその下に白芋のポタージュが隠れている。

上に乗っているエスプーマ)は、どういうものか聞いたのだが忘れました。

ただ、いい感じだった気がします。
 
 

 甘鯛のカリカリうろこのポワレ
   エシャレットとベーコンのレモンヴィネグレット
20130112_05309
 
ヴィネグレットソースは冷たいソースの一種で酢と油を1対3で混ぜ塩胡椒で味付けをしたもの。これはレモンの酢で作ってありました。
 
 
 甘鯛の鱗を剥がないで高温油で揚げたものですが、
私は以前からこのカリカリが好きだったので嬉しい料理でした。

(実際はカリカリというより鱗はとても薄いのでサリサリっという感じかな。)

ほどよい酸味のワインにもよく合う。
 
 
今日同伴の女性はアルコールも強いので、すぐにワインも空いてしまいます。
 
20130112_05326
 
 空いたところで、次は少し違うタイプのフルボディのちょっといいボルドーをお願いしました。

ボトルの写真を撮り忘れてしまいましたが、ステーキにすごく合いそうな旨味のワインでした。
 
 
「あまいささやき」

としかメニューには載っていませんでしたが
 
カシスのソルベ
 
20130112_05338
 
酸っぱくて冷たくて、アルコールで火照ったところには最適な逸品です。
 
口の中がさっぱりとしたところで

最後のメインディッシュです。
 
メインディッシュは3種類あり、その中から一品選ぶのですが、
今迄の料理が美味しく、更にジビエもあるので3種類頼んでしまいました。
 
20130112_05417
 
20130112_05503
 

20130112_05512
 
    北海道エゾシカのロース肉
 
        和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み
 
           フランス産仔鳩のロースト 


タイプの違う味わいでしたが
    どれも肉が軟らかく臭みも無くおいしい。
 

 
デセール
 
 パヴェ ショコラ
 
20130112_05548
 
20130112_05535
パヴェ ショコラの
 
パヴェ」はフランス語で「石畳」。「パヴェショコラ」は「チョコレートの石畳」という意味 です。奥でアイスクリームや苺の下にある四角いのがそうです。
 
ビターのきいた旨味のショコラ。

美味しいデセールでした。
 
ワインもお料理も沢山いただきました。
 
 いいワインも頂き 良い気持ちですが、
ワインが2本も空き ビールとカクテル
 アルコールは料理よりも沢山の支払となっていました。

    ご馳走様。
 

 味も雰囲気も とても良くなったので、また、伺えるようになりました。
 

  恵那市できちんとしたフランス料理を食べられる貴重な店です。
 
          有り難うございます。
 
 もっと美味しくなって遠方からでも友人を招待できるようなお店になってください。

【営業時間】
Lunch 11:30~15:00(L.O 14:00) 2100円〜
Dinner 17:30~21:00(L.O 20:00)6300円〜

〒509-7205 岐阜県恵那市長島町中野350-3
TEL:0573-26-2941
URL:www.m-jardin.com
E-mail:mjardin01@valor.co.jp

|

« ビランシア  一宮 | トップページ | 料理は至高の瞬間芸術である »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メゾンドゥジャルダン   恵那  クリスマスディナー:

« ビランシア  一宮 | トップページ | 料理は至高の瞬間芸術である »