« 民主党 眠取党 | トップページ | 蒜山(ひるぜん) 2 自転車で餓鬼の冒険 »

2012年8月24日 (金)

ふれんち懐石touki

 普段食事に行くときは予約してから行くのですが、
多治見の近くで急に夕食をしようと思い立ち、久しぶりに、ふれんち懐石toukiへお邪魔しました。
ふれんち懐石toukiは土岐市の郊外にあり、
白を基調としたとてもすっきりとしてゆったりとした明るいレストラン。

12721_04

12721_02

女性をターゲットとして明るくすっきりと計画されたお店ですね。

3日前迄に予約が必要なのですが、予約無しの場合2800円 3800円のコースがあるとのこと。
予約をしていないので
今晩はけっこうお値打ちな3800円で八品付いた姫コース。
先回お邪魔したときに 大変リーズナブルであったので
このお店は3800円のコースでも大丈夫だろうと思い、決定。

まず、喉の渇きを癒すグラスビールを頂きました。


12721_05

いかにも姫コースらしい
カリフラワーとクリームのテリーヌ
カペリーニとトマトのジュレ

12721_06

北海道の生ハムと静岡のメロン マダコのボイル、アメリカンチェリー上に自家製オレンジオイル
12721_09

生ハムとタコにオレンジオイルの香りが生臭みを消し、アメリカンチェリーの甘さがバランスよく美味しい。
生ハムとやさしい静岡のメロンもよく合います。

12721_10

さて、ワインを頼みました。

ビオディナミ(有機ワイン)の赤があればと思って尋ねたら

スペインの物がありました。

スペイン産 ビオディナミ ワイン 
 ボデガス・アスル・イ・ガランサ・フィエスタ
ぶどう品種:テンプラニーリョ 60%/ガルナッチャ(グルナッシュ) 40%


一緒に来たワイングラスにビックリ。

繊細さを追求する極薄のグラス、薄くて繊細で一流レストランでもあまり使いたがらない、オーストリアの名門ワイングラスメーカー リーデルのグラスでした。


 リーデルは、同じワインでも異なる形状のグラスで飲むと香りや味わいが変わるという事実に着目し、世界で初めてブドウ品種ごとにその良さを引きだす理想的な形状を開発してグラスを造っています。

リーデルではハンドメイドのソムリエシリーズと、その考えを踏襲したマシンメイドのvinum(ヴィノム)シリーズがあります。

今日使われたのはヴィノムシリーズのブルゴーニュグラスです。

ブルゴーニュグラスはリーデルではいちばんグラマーでボウル型で口が窄まった、開く直前のチューリップのような形をしています。
ブルゴーニュの中でもピノ・ノワールやイタリアの最高級赤ワインとされるバローロや バルバレスコ
を飲むために作られたピノ・ノワール品種用ワイングラスです。

(ピノ・ノワール種を用いて造られる最高級ワインには、ロマネ・コンティなどがあります。)


まさか、このお店でこういう繊細な高級グラスを使われるとは思いませんでした。
これだけで何か豊かな気分になった感じです。


12721_12


リーデルの説明では
酸味が強く、渋みは中程度、複雑な香りの赤ワインに最適です。大きなボウルが香りを十分にひらかせます。ワインが舌先に導かれることで、強い酸味と果実味とのバランスを整えます。とあります。

私もリーデル社のワイングラスは数型もっていますが、このグラスは実際に使ってみるとブルゴーニュなどのやや弱い香りを球形になったグラスが包み込んで楽しむワインにすごく合います。

また、若いボルドーワインなどは、タンニンを多く含んでいますが、このグラスは先がややすぼみ、渋みを押さえて、フルーティーさを引き出す形にデザインされており、
若いまだ香りの弱いワインなどにはこの大きなボウルが香りを集め、
その弱さを助けてくれて、ワインの香りを2ランクも3ランクも上げてくれます。

この為、家ではデイリーワインなどを飲むときにも大変活躍してくれるグラスです。
普段手頃なデイリーワインを飲んでいる者として、
ピノ・ノワール品種用ブルゴーニュグラスは、レベルを実際よりも上げてくれるありがたいグラスです。


 さて、注文したワイン
ボデガス・アスル・イ・ガランサ・フィエスタの味は

ナチュラルでフルーティなスタイルのワインだ。
タンニンは弱めで、ブラックチェリーや黒スグリをミックスされた味わいだが、思ったより爽やか
 食中酒としては使いやすい。

ピノ・ノワール品種用ブルゴーニュグラスとの相性はすごくいい感じです。

ワインの味も香りも
このグラスを使うことによって更に上質ワインに豹変しているようです。


結構良い味でしたので 数日後 ネットでボデガス・アスル・イ・ガランサ・フィエスタを探し そのリーズナブルな値段をみて、4本購入してしまいました。

次の料理は

グレープフルーツの釜焼き
ホワイトソースにグレープフルーツの身が少々入っていていいバランス

12721_13


12721_15


12721_16


12721_17

美味しかった


12721_20

ゴールデンラッシュというとうもろこしを一度表面を焦がしてそのあと皮をむいて
身を削いた後の芯でダシを取り裏漉しした実とを合わせてつくってあります 香ばしさと旨味が
これも いい感じでした。

12721_19

金目鯛のソテー粒マスタード
金目の油っぽさがなくわりとあっさりした味

12721_21

ワインがどんどん進んでいきます。

12721_12_2


12721_22

メインディッシュ

ポークのパンツェッタ (塩漬けバラ肉 の煮込みですね。)

岩塩で包んで一晩寝かせた後煮込み、
さらにグリルして仕上げます 定番ソース

12721_25
しっかり煮込んでありとてもとてもやわらかく出来ています。

ふれんち懐石toukiではこれがメインディッシュの定番のようで、先回も出てきました。

味はとてもよく、美味しいのですが、
口の中での触感はビーフシチューに入っている何日も煮込んだ肉の感じで、
肉は全ての旨味をソースにいちど出し切っていますから、
肉自体は柔らかいのですが食べているとややパサツキがあります。

ですから、肉の旨味と言うよりもその全体で旨味を出す料理です。


(美味しいのですが私はこのパサつき感にほんの少し抵抗があるので点数はややダウンです。)

これが気にならない方にはとても美味しい料理ですよ。

デセール

おもしろい並べ方の
シュークリーム クリームはプラリネクリーム  シャーベットマンゴー

アーモンド入りクリームのプラリネ おいしい

ワインでほてった身体に冷たいシャーベットはとても心地よい

12721_30

12721_33


静かでやさしい時間が流れゆったりといただきました。
  本当に美味しいお料理でした。

こんなにリーズナブルプライスで食べられるなんて とても貴重なところです。


岐阜県土岐市下石町1443-1
TEL&FAX:0572-58-0210

営業時間
Lunch:11:30-14:00
Dinner:17:30-21:00
定休日:火曜日

|

« 民主党 眠取党 | トップページ | 蒜山(ひるぜん) 2 自転車で餓鬼の冒険 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふれんち懐石touki:

« 民主党 眠取党 | トップページ | 蒜山(ひるぜん) 2 自転車で餓鬼の冒険 »