« 三朝温泉で河鹿蛙と最後の蛍 | トップページ | 鳥取県 うまいものの宝庫 »

2012年7月17日 (火)

三徳山 投入堂

三朝温泉へ行ったら絶対に外せないのが三徳山三仏寺 投入堂。

いつもメインは三徳山で、三朝温泉はサブでした。
三徳山の帰りに三朝川にある川原湯に入って汗を流して帰る日帰りコースですが、
今回は三朝温泉に泊まりました。
ここまで来たら三徳山に上らなければ。
しかし、雨続きの毎日、今日は降っていないけど
ぬかるんで絶対に無理です。
晴れていても大変な登山道
(どんなに大変かは、先日のブログの三徳山三仏寺1〜8を参照ください)
上れないだろうとあきらめ、
投入堂の遙拝所で遙か上方彼方のある投入堂を望みました。

20120717_135534

これが肉眼で見たときの投入堂です。
どこにあるのか分かりませんね、写真の中央 よく見ると岩がくぼんだところが小さく見えます。
その中に投入堂は建立されています。

望遠鏡で

20120717_135543

三徳山 三仏寺 奥の院 投入堂

更に拡大して 世界で一番美しい木造建築ですが、
残念ですがここまでしか見えません。

20120717_135558

心残りですが、今回は遙か彼方から手を合わせて戻りました。

投入堂までの険しい行程と撮美しい写真は昨年のブログ「三徳山 三仏寺1 世界で一番優美な木造建築〜三徳山 三仏寺8」でお楽しみ下さい。

http://foo-d.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-b0b7.html

|

« 三朝温泉で河鹿蛙と最後の蛍 | トップページ | 鳥取県 うまいものの宝庫 »

倉吉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三徳山 投入堂:

« 三朝温泉で河鹿蛙と最後の蛍 | トップページ | 鳥取県 うまいものの宝庫 »